« 鬼武者タクティクス | トップページ | 火雷天神大戦 »

2004.01.20

「バジリスク 甲賀忍法帖」第3巻

 本日購入。弦之介の果たし状から、四対四になるまで収録。雑誌連載時にも読んでいますが立ち読みなので(汗)、改めて読み直してみると、様々なシーンで、細やかな、そして漫画ならではの演出がなされているのに気づき、感心することしきり。絵のうまさだけでなく、こうしたセンスを持ち合わせているということが、本当に描写力があるということなのでしょう。この作者のセンスの恩恵を一番受けているのは、如月左衛門でしょうか。2巻のお胡夷との別れといい、この間の蛍火との対決といい、随分と幸せなキャラクターとしか言いようがありません。もっとも、一番幸せなのはこうした――原作に忠実でありながら、漫画独自の魅力を備え、そして原作の良さをより引き出した――作品を読むことができるこちらなのでしょうが。

 また、女性陣の艶やかさ、切なさ、そして怖さも出色で――まあその、なんだ、はっきり言って私ゃ陽炎さんに迫られたら死ぬ自信がありますね!


「バジリスク 甲賀忍法帖」第3巻(せがわまさき&山田風太郎 アッパーズKC)


この記事に関連した本など

|

« 鬼武者タクティクス | トップページ | 火雷天神大戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/120448

この記事へのトラックバック一覧です: 「バジリスク 甲賀忍法帖」第3巻:

» 『バジリスク』/せがわまさき [ワタシの漫画図書館]
奇想天外痛快無比!『バジリスク-甲賀忍法帖』 江戸の天下人・徳川家康は、三代将軍の世継ぎ問題に悩んでいた。 そこで、甲賀と伊賀の忍法二大宗家を相争わせ、十人対十人の忍法殺戮合戦の生き残りによって、この問題を解決させることにした。 しかし、憎み合う両家の跡取り... [続きを読む]

受信: 2005.08.14 22:42

« 鬼武者タクティクス | トップページ | 火雷天神大戦 »