« 初日の出 | トップページ | おれは清海入道 »

2004.01.04

変化獅子

 年を越してもいつもと変わらず淡々と感想を(というか昨年の積み残し)

 今まで「人形佐七」と「髑髏検校」(そしてお供の「神変稲妻車」)しか再刊されてこなかった横溝先生の伝奇時代作品を収録したシリーズ第1巻(日下氏グッジョブ!)の表題作。主人公・獅子王寺多聞(実に格好いい名ではありませんか!)が洋上で言葉も喋れぬ美少年を救うという謎めいた導入部から始まり、後はもう、続発する怪事件、次々と現れる怪人物、そして明かされる秘密と、伝奇時代小説のお手本とも言うべき波瀾万丈、一気呵成の展開。
 この事件に対する多聞ももちろんただものではなく、様々に姿を変えて立ち向かうのが楽しいところ。これがタイトルの由来でしょう(その「変化」の一つにはかなり驚かされました)。また、登場する女性陣も、お侠で一途な女役者、清楚な武家娘、謎めいた薄倖の美女、さらに妖女あり悪女ありで、まさに百花繚乱。この辺り、横溝先生らしい作品だな、と思いました。
 実に肩のこらない、良質の娯楽時代作品でありました。

「変化獅子」(横溝正史 出版芸術社)

|

« 初日の出 | トップページ | おれは清海入道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/92276

この記事へのトラックバック一覧です: 変化獅子:

« 初日の出 | トップページ | おれは清海入道 »