« 今日買った本 | トップページ | 今日手に入ったブツその他の話 »

2004.01.23

「二十面相の娘」第2巻

 早くに両親を亡くした少女チコは、財産を狙う叔父夫婦の許で育てられるが、そこに忍び込んでいた男――二十面相に救われ、家を捨てて二十面相一味と行動を共にする。共に暮らした二年間のうちに、二十面相の技を学んだチコは、仲間たちとともに二十面相の仕事を手伝うようになるが、二十面相を狙う宿敵との戦いで一味は壊滅、二十面相も消息を絶ってしまう。ただ一人保護され日本に帰ってきたチコは、二十面相の娘として、二十面相を探し出すことを心に誓う。

 本日購入。黄金期の「アフタヌーン」に連載された佳品「菫画報」でいまだにファンの多い作者の最新作の2巻目です。導入部という印象の強かった1巻に対し、「二十面相の娘」たるチコの本格的活躍がこの巻から始まったと言えるでしょう。二十面相の退場~チコを迎える新しい生活~謎の人間タンクの跳梁と次々と起こる事件が、作者独特のレトロな、どこか物寂しい雰囲気を漂わせる筆致で描かれています。
 ネット上で色々見る限りでは、熱心な乱歩ファンからは第1巻の評判は今ひとつのようですが、乱歩と言ってもこの作品は「少年探偵団」をはじめとする少年向け作品のオマージュと言うべき作品であり、乱歩の世界を再現したというよりは、乱歩をはじめとする少年探偵ものの世界を、作者のスタイルで描いてみた作品として受け取るべきではないかと私は思います(リンドグレーンもかなり入っているような気がしますし)。
 少なくとも、私にとってこの作品は、そうした世界に対する愛が非常に濃厚に感じられるのであり、それら作品の数々に胸躍らせた人間として、この作品の今後の展開に大いに期待しているところです。


「二十面相の娘」第2巻(小原慎司 MFコミックス)


この記事に関連した本など

|

« 今日買った本 | トップページ | 今日手に入ったブツその他の話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/128903

この記事へのトラックバック一覧です: 「二十面相の娘」第2巻:

« 今日買った本 | トップページ | 今日手に入ったブツその他の話 »