« 「抜忍伝説」攻略始めました | トップページ | 陰流・闇仕置 悪党狩り »

2004.03.15

紫花玉響 暗夜鬼譚

 葵祭りも近い頃、息抜きに「運命の出会い」求めて夜の京をお忍びで行く帝の供を務めることになった夏樹。見事な藤の花咲く家で出会った藤香姫に一目惚れした帝だが、次の日、その家は跡形もなく消えてしまっていた。藤香姫を捜して京をさまよう羽目になった夏樹は、ある晩夜盗に襲われていた美少年・馨を助けることとなる。一方、承香殿の女房となっていた藤香姫と再会した帝だが、不可思議な様子でやつれ果てていくことに…

 暗夜鬼譚シリーズ第5弾。キャラクターの掛け合いも愉快ですが、それだけで終わることなく、きっちりとストーリーをそれに連動させて展開させていくのには好感が持てます(当たり前のことのようですが、それが出来てない作品も世には多いですからね)。結末で明かされる魔の正体にも一ひねりあって、ちょっと感心しました。
 今作で初登場した馨のキャラクターもなかなか面白く、今後のシリーズにも大いに絡んで欲しいものです。深雪は恋する乙女というよりむしろ腐女子になってますが…


「紫花玉響 暗夜鬼譚」全2巻(瀬川貴次 集英社スーパーファンタジー文庫)

|

« 「抜忍伝説」攻略始めました | トップページ | 陰流・闇仕置 悪党狩り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/304143

この記事へのトラックバック一覧です: 紫花玉響 暗夜鬼譚:

« 「抜忍伝説」攻略始めました | トップページ | 陰流・闇仕置 悪党狩り »