« 新雑誌… | トップページ | 「新しびとの剣」第2巻 »

2004.03.25

人造記

 その筋の人には非常に有名な西行の人造人間作りのエピソードに基づいた表題作をはじめとして、歴史の隙間にひょっと現れた不可思議な人々・事件を綴った短編集。かなり期待していたのですが、個人的にはう~んというところでした。

 題材は面白いものばかりですし、文章や物語運びも水準以上、しかし、個人的な印象で言えば、心に響くものがなかったというか…(「人造記」のラスト、生まれ出た「もの」を挟んで、西行と従者の精神的立ち位置が逆転する場面は非常に好きなのですが)。失礼を承知で言えば、歴史小説としても、幻想小説としても、小体にまとまりすぎているように感じました。

 もちろんこれは私が普段刺激の強いものばかりに触れていて、いわば舌バカ状態になっているだけだとは思うのではありますが。


「人造記」(東郷隆 文春文庫) Amazon bk1


この記事に関連した本など

|

« 新雑誌… | トップページ | 「新しびとの剣」第2巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/352114

この記事へのトラックバック一覧です: 人造記:

« 新雑誌… | トップページ | 「新しびとの剣」第2巻 »