« 人造記 | トップページ | 「岳神忍風」その他 »

2004.03.25

「新しびとの剣」第2巻

 本日購入。信玄騎馬軍団vs信長鉄砲隊から紫靡帝の佐助スカウト、そして紫靡帝vs信玄第2ラウンドまで。細かい感想は、毎回こちらに書いているので省きますが、やはり何度読んでも佐助スカウト話はグッときます。

 また、安土城での信長と光秀の会話シーン、信長の言葉や表情に微妙な翳りが差していているのには、単行本で落ち着いて読んでみてようやく気づきました。アクションシーンもさることながら、キャラクターの微妙な心の動きをビジュアライズできるのは、やはり漫画の長所ですね。

「新しびとの剣」第2巻(しろー大野&菊地秀行 幻冬舎バーズコミックス)


この記事に関連した本など

|

« 人造記 | トップページ | 「岳神忍風」その他 »

コメント

しびとの剣は菊池さんの作品のなかでもっとも好きな作品のひとつです。しびとの白鳳坊とも通じる多面的魅力が好きです。白鳳坊は、一筋縄ではいかない善悪では計れない魅力がありますね。
しびとと百合姫のイラストとかもっとみたいです。

投稿: チュンリー | 2012.05.18 10:00

チュンリー様:
しびとの剣は本当にもったいないですね…特に新に入ってからの熱血ぶりが非常に好きでした。
白凰坊は最近復活したようですが、相変わらず元気なようですね

投稿: 三田主水 | 2012.05.26 21:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/352124

この記事へのトラックバック一覧です: 「新しびとの剣」第2巻:

« 人造記 | トップページ | 「岳神忍風」その他 »