« 「新しびとの剣」第2巻 | トップページ | 避難場所 »

2004.03.26

「岳神忍風」その他

「岳神忍風2 飛鳥の舞い」(長谷川卓 中央公論新社C・novels)を本日購入。半分くらいまで読みましたが、相変わらず王道ド真ん中の忍者活劇で嬉しくなります。その一方で、重い過去を背負う男が、一文の得にもならない男と男の約束のために立ち上がるという非常に熱い男の世界を描いているのが素敵。

 ちなみに並行して今読んでいるのは「太閤暗殺」(岡田秀文 光文社文庫)。秀次の臣・木村常陸介が、主君に不利な状況を打開するために選んだ策は、生きていた石川五右衛門を使っての秀吉暗殺だった…という設定からして非常に引き込まれる作品ですが、暗殺もの、というより不可能ミッションものという印象で先が楽しみです。

 そうそう、五右衛門が秀吉をムッコロスと言えば、以前講談社ノベルスから発売されていた朝松先生の「妖術 太閤殺し」が、タイトルを改めて「五右衛門妖戦記」として来月発売と。当然「妖術~」も持っていますが、当然「五右衛門妖戦記」も買う予定。

 しかしこちらに表紙も公開されていますが、今までずっとずっと、新版のアルスラーンや篠田真由美の作品の表紙描いているのは末見先生だと思ってました…orz 薄味過ぎる。

|

« 「新しびとの剣」第2巻 | トップページ | 避難場所 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/356430

この記事へのトラックバック一覧です: 「岳神忍風」その他:

« 「新しびとの剣」第2巻 | トップページ | 避難場所 »