« 幻想の平安年表 | トップページ | そしてもう一つのしびと »

2004.04.12

しびとと五右衛門と

 今日は菊地先生の「しびとの剣 竜虎幻暈編」と朝松先生の「五右衛門妖戦記」が発売されていたので即購入。

 「しびとの剣」は、ノベルス3冊目。漫画の方で言えば無印の6巻あたりから、新の2巻の途中まで。漫画の方は漫画家さんが変わって劇的に印象が変わりましたが、原作の方は、中断地点を挟んでも印象は変わらず(当たり前っちゃあ当たり前)。漫画の方と読み比べると、あのシーンで原作者が何を意図していたのか、このシーンで漫画家が原作をどう解釈したのか、というのがよくわかって面白いのですが、やはり小説と漫画の原作は別物、という印象は強くあります(これはノベルス1冊目から感じていることではありますが)。
 漫画を読んでいる時は、信長登場の辺りから物語の雰囲気に変化が感じられて、それまで歴史ファンタジーとでも言うべき世界だったのが、伝奇時代劇に近づいてきたな、という印象があったのですが、それはてっきり信長という歴史上の人物が登場したために自分で勝手にそう感じたのかと思っていましたが、どうも菊地先生の方でも信長のキャラクターに影響されて作品の流れを変えてきた様子でした。

 「五右衛門妖戦記」の方は、懐かしい「妖術 太閤殺し」の改題。まだ本文は読んでいないのですが、加筆修正はされているのかな? 
 もともと伝奇要素の強い歌舞伎の「楼門五三桐」を伝奇小説化したこの作品ですが、歌舞伎の伝奇時代小説化というのは、ありそうで意外と少ない、大いなるコロンブスの卵とも言うべき試み。残念ながら現在のところこの作品と、「伽羅先代萩」の同じく伝奇小説化である「妖術先代萩」しか書かれていませんが、今後も書き継いで、伝奇時代小説十八番を完成させていただきたいものです。
 ちなみに解説はえとう乱星先生。えとう先生と朝松先生の名前が並んでいるのを見ると、個人的にちょっと誇らしい気分になります。まったく個人的にですけどね。

 あ、そうだ、解説を読んで一言。先生、才蔵君はちゃんと登場していますよ!


「しびとの剣 竜虎幻暈編」(菊地秀行 ノン・ノベル) Amazon bk1


「五右衛門妖戦記」(朝松健 光文社文庫) Amazon bk1

|

« 幻想の平安年表 | トップページ | そしてもう一つのしびと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/432279

この記事へのトラックバック一覧です: しびとと五右衛門と:

« 幻想の平安年表 | トップページ | そしてもう一つのしびと »