« ネタ勝ち | トップページ | 「雨柳堂夢咄」第10巻 »

2004.05.27

「SAMURAI DEEPER KYO」 週刊少年マガジン2004年第26号

 先に消失した梵天丸を追うように何処かへ飛ばされるアキラとトラ。辿り着いた先は時人の居城・月影城だった。そこで時人から梵が壬生の配下となって天下を取ることとなったと聞かされる二人だが、アキラは狂に逆らう者に生きる価値なしと梵に斬りつける。が、その梵は偽物で、時人に囚われていた本物の梵も、アキラの行動に怒って自力で脱出する。と、そこで三人に、自分を捕まえることが出来たら紅の王の間に連れて行くとゲームを提案する時人。それに名乗り出る梵だが、時人は一瞬のうちに梵の木刀を細断、さらに梵の眼帯を奪い取る。時人は全部で10段階のうち、まだ2段階までしかスピードを出していないとうそぶく。


 以前はこっちで書いていた今週のKYOですが、今回からこっち(でも)書くことにしました。
 で、今週は時人の年下鬼畜攻め地獄の巻。先代紅の王にビビらされて以来、むせかえるばかりの三下スメルを漂わせていた時人ですが、何というかクソガキの本領発揮。これでいたぶられるのがアキラだったりしたら、もう少年誌じゃやっちゃいけない世界になりそうですが、相手がむくつけき梵なので安心。というか腐女子の皆さんはこの対戦カードで満足なのか<知りませんよ
 私はこれまでほんの断片しか描かれてこなかった梵天丸こと伊達政宗の過去話が見れそうなので期待しているところです。というか、眼帯取れた方がパワーアップしそうだな、梵。

|

« ネタ勝ち | トップページ | 「雨柳堂夢咄」第10巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/665674

この記事へのトラックバック一覧です: 「SAMURAI DEEPER KYO」 週刊少年マガジン2004年第26号:

« ネタ勝ち | トップページ | 「雨柳堂夢咄」第10巻 »