« シグルイ 第2巻 | トップページ | BEHIND MASTER 第1巻 »

2004.07.20

咲いて孫市 第1~2巻

 その槍術から「槍の孫市」の異名を持つ夏目孫市郎。しかしかれは旗本の部屋住み三男として、鬱屈した暮らしを送っていた。が、ふとしたことから少年時代に自分を火事場から救い出してくれた町火消し・欣蔵と再会した孫市は、自らの運命を変え、苦しむ人々を救うため、武士の身分を捨てて町火消しの世界に飛び込む。後に江戸城に初めて突入した町火消し、夏目孫市の闘いが始まる。


 「コミックバンチ」で連載中の時代人情アクション火消しコミックがようやく単行本化。前作「眠狂四郎」では「決してつまらくはないんだけどそりゃ狂四郎じゃないだろう」という人情話路線で、う~んという感じだった柳川氏ですが、オリジナル作品である今作では、その人情話テイストが物語に非常に良くマッチして、元々しっかりした画力であることもあり、実に読ませる作品となっています。
 まあ、はずれ者が昔命を救われた人物と出会って消防救命を志す…というのは、どこかで聞いたようなお話ではあるのですが、しかし主人公を武士を捨てた男と設定したのがドラマとしても時代ものとしても、この作品のうまいところ。江戸時代中期の不自由な社会制度・身分制度のジレンマにぶつかりつつも、如何に孫市が人々を、そして自分自身を救い出すか、先が楽しみな作品であります。


「咲いて孫市」第1~2巻(柳川喜弘 バンチコミックス) Amazon bk1
この記事に関連した本など

|

« シグルイ 第2巻 | トップページ | BEHIND MASTER 第1巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/1008286

この記事へのトラックバック一覧です: 咲いて孫市 第1~2巻:

« シグルイ 第2巻 | トップページ | BEHIND MASTER 第1巻 »