« 嶽神忍風3 湖底の黄金 | トップページ | 著作権切れの文学作品 »

2004.07.06

7月の新刊スケジュール

 またその月に入ってからになってしまいましたが、7月の新刊スケジュールを更新しました。

 ご覧の通り、7月は相当に豊作の様子で、小説では「丹下左膳」が全3巻完結する一方で、「一休魔仏行」「妖藩記 鬼剣衆」「逢魔ヶ源内」と伝奇時代劇の今を担う作者の注目作が目白押し(「一休」と「妖藩記」は同日発売。どちらを先に読めと)。
 また個人的には、我が心の殿堂入りの名作「剣聖一心斎」の続編「暗闇一心斎」が楽しみなところであります。戸部先生の滅茶苦茶キャッチーなタイトル「忍法 新選組」も気になります(火坂先生の「新選組魔道剣」の前例があるので油断できねえ)。

 漫画の方も「神州纐纈城」の第2巻、、「黒田・三十六計」の第4巻など(あ、「バガボンド」
もありましたか)続刊ものも楽しみですが、「咲いて孫市」の1,2巻同時発売が嬉しいところです。文庫でも「無頼」続巻と「黒鉄」第1巻が登場。
 時代ものではないですが、車田ファンの最後の希望とも言うべき「風魔の小次郎 柳生暗殺帖」も待ちに待った第1巻が発売。聖剣戦争で一番納得いかない最期を遂げたあの人もやっぱり生きていて一安心。

 そしてゲームの方も夏休みシーズンということでか大物が連続。「天誅 紅」「サムライスピリッツ零」「東京魔人學園外法帖血風録」と人気シリーズの最新作が発売。地雷とわかっていても「魔人」は限定版買いますよ…。サムスピ零は今度こそ設定資料付きの攻略本が出てくることに期待。

 そしても一つ、夏と言えば怪談、というわけで、復活早4巻目となるこの夏の大本命「「超」怖い話△」が発売(コミック版も)、そして平谷美樹先生の「百物語」もまさかの(失敬!)3巻目。実話怪談界のみちのくプロレスとしてこれからも頑張っていただきたいと思います。

|

« 嶽神忍風3 湖底の黄金 | トップページ | 著作権切れの文学作品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/908933

この記事へのトラックバック一覧です: 7月の新刊スケジュール:

« 嶽神忍風3 湖底の黄金 | トップページ | 著作権切れの文学作品 »