« 8月の発売スケジュールなど | トップページ | 今週の「SAMURAI DEEPER KYO」(週刊少年マガジン第36号) »

2004.08.06

最近の鉄人28号

 TVの「鉄人28号」が大変なことに。
 戦争の傷跡から(いやたぶん素ですが)マッドになってしまった科学者たちを中心に描かれた単発エピソードは、つまらなくはないけども何だか微妙…という感じでしたが、先週から突入した第2部が怒濤の展開。
 新キャラ新ロボット新秘密(?)を連発した上に、ブラックオックス復活したと思ったら破壊・大塚署長更迭・敷島博士自殺! という意外すぎる展開の果てに迎えた今週。敷島葬式・鉄人封印・警視庁からロックアウト・村雨の言葉責め・金田博士のスパイ疑惑で家宅捜索・押収という正太郎少年を襲う鬱コンボの数々に、正太郎かわいそうだよ正太郎と思っていたら突如現れたのは破壊されたはずのブラックオックス! そしてそれを操るのは…

 「はっはっはっはっは。お初にお目にかかる! 私の名はニコポンスキー」

と、敷島博士っぽい声で喋る黒ふく面の謎の怪人。
 何やってるんスか博士! 「お初にお目にかかる」じゃねえよ! マジメっぽく振る舞ってたけどやっぱり根はマッドだったんだね! と突っ込みたくなること必至の面白すぎる超展開にそれまでの鬱展開が完全に吹っ飛びました。
 今川監督の凄味超爆発。これだから今川ファンは止められません。


 そしてTVの方が狂ったような盛り上がりを見せる一方で、小説版「鉄人28号」出版の報が。作者の重馬敬作って、「赤影」の小説版を書かれた重馬敬氏のことだと思うんですが、だとしたら相当期待できそうです。
 しかしタイトルが「“卍党”の陰謀を打倒せよ!」。横山光輝で卍党って言ったらやっぱり「織田信長の活躍した頃、海を渡ってきた奇怪な妖術者の群れ」が浮かびますが、関係あるのかなあ…あるんだろうなあ…楽しみだなあ

|

« 8月の発売スケジュールなど | トップページ | 今週の「SAMURAI DEEPER KYO」(週刊少年マガジン第36号) »

コメント

あ、どうもシゲマです。
鉄人の小説、卍党編は、(その機会があれば)次回ということで。
今回は、ブラックオックスとの対決編を書いております。
角川のサイトは、まだ更新されていないみたいですね。

というわけで、赤影、鉄人と横山先生の作品にかかわれて本当に幸せです。(笑)

投稿: シゲマ | 2004.08.11 01:12

わっ、これは重馬先生ご本人ですか!
貴重な情報をどうもありがとうございます。
鉄人の世界で卍党がどう暴れ回るのか期待していたのですが、オックスを先生がどう料理されるかも大いに気になります。

赤影は非常に楽しく拝見させていただき、うちの親サイトの方でも色々と紹介させていただいたのですが、今度の鉄人も楽しみに待っています。頑張って下さい。

投稿: 三田主水 | 2004.08.11 01:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/1138889

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の鉄人28号:

« 8月の発売スケジュールなど | トップページ | 今週の「SAMURAI DEEPER KYO」(週刊少年マガジン第36号) »