« 山南レス特集 | トップページ | 甲武信嶽伝奇 »

2004.08.29

綺羅星群舞 暗夜鬼譚

 「暗夜鬼譚」シリーズ第9作にして番外編。短編3篇が収録されていますが、ノリ的には漫画やアニメの企画モノドラマCDみたいなもの…と言えばわかる人にはわかってもらえるでしょうか。つまり、興味のない人には痛々しいけれども、ファンにとってはなかなか楽しいというやつです。

 このシリーズは比較的、いやかなり重たいストーリー展開なのですが、その中で一人暴走していた馬頭鬼のあおえがこの巻ではさらに水を得た魚のような暴れッぷり。特にあおえと並ぶ暴走キャラな帝と絡んだ「月読見姫」の馬鹿馬鹿しさ(誉め言葉)は相当なもので、これはこれでたまにはいいのかなあ…とも思いました。


「綺羅星群舞 暗夜鬼譚」(瀬川貴次 スーパーファンタジー文庫)  amazon


この記事に関連した本など

|

« 山南レス特集 | トップページ | 甲武信嶽伝奇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/1306387

この記事へのトラックバック一覧です: 綺羅星群舞 暗夜鬼譚:

« 山南レス特集 | トップページ | 甲武信嶽伝奇 »