« 忍者の夏服 | トップページ | 今週の「SAMURAI DEEPER KYO」(週刊少年マガジン第35号) »

2004.08.01

「天空の覇者Z」全話レビュー始めました

 こちら「天空の覇者Z」(宇野比呂士 少年マガジンコミックス)の全話レビューを始めました。

 1930年代の世界を舞台に、北辰一刀流の達人にして空をこよなく愛する快男児竜崎天馬が、驚異の空中戦艦“Z”でナチスを向こうに回して大冒険を繰り広げるというこの作品。ジュール・ベルヌ…というより押川春浪の軍事冒険SF小説の現代版というべき内容で、少年漫画の王道を行く作品として連載当時から非常に楽しく読んでいたのですが、掲載誌がマイナーだったせいか、完成度の高さの割に知名度があまりにも低く、口惜しく思っておりました(この作品が全く登録されていないbk1には猛省を促したい)。

 ついに思い余って、この作品の楽しさを少しでも多くの人に知っていただくべく、全話レビューに着手した次第。時代伝奇というジャンルからは明確に逸脱していますが、「虚構の歴史」という点では共通していると無理矢理自分を納得させております。
 いま今回アップした第1巻収録話の感想を読み返してみると、あまりのマンセーぶりに我ながら…ですが、本当に面白いんだから仕方がない。この作品を初めて読んだのは約7年前ですが、その時と変わらぬ興奮があった、ということで。

|

« 忍者の夏服 | トップページ | 今週の「SAMURAI DEEPER KYO」(週刊少年マガジン第35号) »

コメント

そうなんですよね。
この作品、というかこの作者、いい作品なのに、そうヒットしないんですよね。
そういえば、前作の『キャプテン・キッド』も完全に完結してないような…

一応、この作品に出てくる人は『キャプテン・キッド』の子孫がちらほらいますよね。

投稿: 柊龍司 | 2004.08.02 08:02

柊龍司さんこんにちは。
そうなんです、宇野比呂士氏、画力はかなりのものだと思うし、何よりも現実世界を舞台とした(そうでないのもありますが)冒険物語を描かせたら非常に楽しい作品を描くのですが、いまいち知名度が…残念です。
私はいまだに「キャプテン・キッド」のアトランティス編(完結編)を待っている次第です。

投稿: 三田主水 | 2004.08.02 22:59

そうなんですよね。
アトランティスはどうなったんだというのは今でも気になりますよね。
やっぱりあの中途半端な終わり方は打ち切りだったんでしょうか…

投稿: 柊龍司 | 2004.08.16 18:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/1099199

この記事へのトラックバック一覧です: 「天空の覇者Z」全話レビュー始めました:

« 忍者の夏服 | トップページ | 今週の「SAMURAI DEEPER KYO」(週刊少年マガジン第35号) »