« 「髑髏城の七人 アカドクロ」映像版 | トップページ | 又右衛門とアオドクロ »

2004.10.05

アニメ「サムライガン」第1話

 え~ついに始まりましたアニメ版サムライガン。個人的にはもっととんでもなくひどい代物になることを覚悟していたので、それに比べれば遙かにマシな第1話だったと思います。市松の声が軽すぎるように思いましたが、原作後半の印象が強いからかな。

 ただ、やはりアクションのキレの悪さはどうにも気になるところ。何というか、こう、原作の持っていたシャープさというかキレ、ケレン味がないというか…動かなければ動かないなりに、もっと止め絵でも幾らでも見せようがあると思うのですが、その辺がどうにもぬるくていけません。
 それ以上に気になったのが今回のエピソードの結末部分。原作では、砂を噛むような思いを味わっているかのような市松の姿が印象的だったのに、何だかただのちょっといい話になっとるなあ…と。
 また、やっぱりOPは「1800年代 いずれ幕末と呼ばれる事になるのかもしれない日本」から始まって欲しかった――と、いかん言い出したら止まらなくなってきた。

 OPとEDはそれなりに雰囲気が出ていたので、荒削りでいいから突っ走って欲しいと思います。

 しかし2chとか見てるとやたらグロいグロい言われてますが、そんなにかねえ? 

|

« 「髑髏城の七人 アカドクロ」映像版 | トップページ | 又右衛門とアオドクロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/1603888

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ「サムライガン」第1話:

« 「髑髏城の七人 アカドクロ」映像版 | トップページ | 又右衛門とアオドクロ »