« NEOGEO BATTLE COLISEUMに侍連中いろいろ登場 | トップページ | 逢魔が源内 »

2004.11.09

陰流・闇仕置 夜叉狩り

 松平定信の隠し子であり、父の意を汲んだ刺客人でもある主人公・松平蒼二郎が、市井の仲間たちと共に法で裁けぬ悪を仕置きするシリーズ第3弾。

 前2巻がそうであったように、この巻でも全3話構成で、凶悪な盗賊団に捕らわれた仲間の救出作戦を描いた第1話、シリーズ第1巻から久々登場の相良忍群随一の遣い手との決闘を描いた第2話、自分の弟子を標的とすることを命じられた蒼二郎の刺客行を描いた第3話と、それぞれに趣向の異なるエピソードを収録しています。
 その中でも白眉は、やはり第2話でしょうか。主人公の敗北と、新奥義に目覚めてのリベンジを描いたシチュエーションも燃えますが、何よりもこのエピソードでの敵が操る、真・タイ捨流とも言える格闘剣術の描写が実に面白い。タイ捨流を描いた作品は色々とありますが、この作品のような切り口から描いたものは、少なくとも私は見たことがありません。そしてもちろん、そのアイディアを支えているのが、剣術描写には兼ねてから並々ならぬ冴えを見せる作者の描写力にあることは言うまでもありません。

 が、その一方で、松平定信の刺客人であり、同時に市井の仕置人でもある主人公の設定の二重性が、時として物語のバランスを損ねている面があるのも事実。主人公の立ち位置がどっちつかずで、エピソードによって主人公の依って立つところが異なるのが、聊かすっきりしない読後感につながる(時もある)、とでも言いましょうか。
 もちろんその主人公の立ち位置というのは、作者としてあくまでも計算のうち、というのはよくわかりますし、作品に深みを与える試みとして大いに評価できますが、少なくともこの第3弾では、本筋であるはずの第2話のようなエピソードの方が、かえって他のエピソードから浮いているように思え、その主人公の立ち位置が、今ひとつうまく機能していなかったような印象を受けました。

 短編3話構成ではなく、たまには1巻丸々長編というのも、そろそろ読んでみたいような気がします。

「陰流・闇仕置 夜叉狩り」(牧秀彦 学研M文庫) Amazon bk1


この記事に関連した本など

|

« NEOGEO BATTLE COLISEUMに侍連中いろいろ登場 | トップページ | 逢魔が源内 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/1906109

この記事へのトラックバック一覧です: 陰流・闇仕置 夜叉狩り:

« NEOGEO BATTLE COLISEUMに侍連中いろいろ登場 | トップページ | 逢魔が源内 »