« 「ジェノサイド」第1巻 | トップページ | かぶき奉行 »

2005.01.30

「大江戸バーリトゥード」第1巻

 時は明和、平賀源内と杉田玄白は、素手で凄まじい強さを見せる謎の青年・堀田玄武と出会う。浅野家に伝わる御式内(門外不出の秘伝)の遣い手である玄武の姿に閃いた源内は、玄武と組んで真剣勝負の賭け試合をプロデュースする。松江藩主松平治郷の送り込む強敵たちに勝利を収める玄武だが、源内は更にとてつもない舞台を用意しようとしていた…!

 「スーパージャンプ」誌で連載中の格闘時代劇アクション。この作品もタイトルが全てを物語っていますが、まさかタイトルだけでなく劇中でも「大江戸バレトド相撲」などというステキワードが飛び出してくるとは思いませんでした。これはもう、言ったもん勝ちとしか言いようがありません。

 謎の武術を操る格闘家が、様々な異種格闘技戦を繰り広げるというのは、もう格闘技漫画の定番中の定番、時代コミックの中でも、「修羅の刻」というメジャーシリーズ(こちらはかなり歴史ものに近づいてはいますが)があるわけで、内容の目新しさという点ではそれほどでもないですが、主人公が赤穂浪士の浅野家の出身であり、さらに赤穂事件が彼の遣う御式内の奥伝を巡る争いであった(らしい)など、なかなか面白いひねりも加わっていて(上記のステキワードなどもあって)、それなりに楽しめます。
 ちなみに原作者の福内鬼外とは、平賀源内が実際に使っていたペンネームで、なかなか茶目っ気のあるチョイスですね。

 この第1巻はあくまでも序章。第2巻からは格闘技漫画の華であるトーナメントが開催される見込みで、さてどうなることでしょうか。

「大江戸バーリトゥード」第1巻(山根和俊&福内鬼外) Amazon bk1

 

この記事に関連した本など

|

« 「ジェノサイド」第1巻 | トップページ | かぶき奉行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/2742107

この記事へのトラックバック一覧です: 「大江戸バーリトゥード」第1巻:

« 「ジェノサイド」第1巻 | トップページ | かぶき奉行 »