« SHIROH | トップページ | 新春時代劇 »

2005.01.05

正月休み

 すっかり更新をさぼってしまいました。
 この年末年始は、雪が降ったりしたこともあってひたすらダラダラと過ごすふりをしつつ、水面下でバタバタとあがいたり一日1.5冊くらい本読んだりしていました。

 年越しには、以前書いたように王子の狐の行列に行ってきました。当日は昼間に雪が降ったりして人出はどうなのかなあと思っていましたが、行列の出発となる午前0時には、装束稲荷の周辺の通りが一杯になるほどの人の数で、賑やかかつ妖しげなイベントとなり、大満足でした。
 私らは、狐のお面だけ買って、あとは見物するつもりだったのですが、有耶無耶のうちに気が付けば行列に加わって王子稲荷まで歩いていました。まさに同じアホなら…状態。
 私は浮かれて「王子市民(そんなものはない)になりてぇー」とか「こんな狐になら騙されてぇー」とか頭の悪いことを言いながら狐コスをした参加者の皆さんの写真を撮りまくっていたら、行列がスタートする前にデジカメの電池が切れるという罠。(髪型が)ツインテールの狐がいる! と個人的に盛り上がるも、よくよく見たら三つ編みがガッカリした(失礼な)のもいい思い出。
 しかし、いい分別した大人たちが狐のお面かぶったり狐メイクしたりして夜の街を練り歩くというのはまさしく祝祭空間ならではの異世界の風景で、そうした催しを地域ぐるみで盛り上げ、継承している(子供の姿が多いお祭りというのは、伝統の継承されていく様を目の当たりにするようで楽しいものです)というのは、実に素晴らしいことだと思います。

 その後の三が日は、ご飯食べる→本読み始める→眠くなって寝る→起きる→ご飯という永久コンボ(時々ゲームとDVDの二択あり)で鬼のように自堕落な時間を過ごしました。あーあ

|

« SHIROH | トップページ | 新春時代劇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/2473770

この記事へのトラックバック一覧です: 正月休み:

« SHIROH | トップページ | 新春時代劇 »