« 武魂絵巻 | トップページ | アイデアツリーの便利機能 »

2005.01.23

国芳・暁斎 ~なんでもこいッ展だィ~

 東京ステーションギャラリーで今日まで開催されていた展覧会。開催最終日の今日になってギリギリ駆け込みで見て参りました(やっぱり駆け込みの人が多かったのか、結構な混みよう)。
 正直、絵については全くの門外漢なのですが、国芳の目にも鮮やかな色彩感覚とインパクトのある空間設計、暁斎の簡潔ながらも躍動感のある描写とパロディセンスは、そんな僕にとっても実に楽しく、見応えのある展示でした。暁斎の作品は(妖怪好きということもあって)以前から目にしていましたが、国芳の作品を意識して見たのは初めて。しかし一目で気に入ってしまいました。

 どうも僕は、限られた空間の中にどのように対象物を配置して、アートとして成り立たせるか、ということに興味があるらしく、古今東西の様々な画家の作品を見てもついついそちらにばかり目が行ってしまうのですが、今回展示されていた作品は、こういった目で見ても実に興味深く感じられるものばかりでした。

 また、役者の似顔や時局の風刺が禁じられていたため、聊か変化球的な形で描かれた作品が結構な数あったことが、印象に残りました。やっぱり今はなんだかんだいって自由な時代ではあります。
 しかし、そんな状況の中でも、のびのびと楽しく、それでいて現実をチクリと皮肉ってみせた二人の根性というか心意気というかが、作品から伝わってきて、それはそれで楽しい気分になれたことです。
(最高に頭の悪いことを言えば、子供の落書きの態で役者絵を描いてみせた国芳の「荷宝蔵壁のむだ書」が、ヒラコーの描くおまけマンガそっくりのタッチで大笑い)

|

« 武魂絵巻 | トップページ | アイデアツリーの便利機能 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/2674399

この記事へのトラックバック一覧です: 国芳・暁斎 ~なんでもこいッ展だィ~:

» 国芳・暁斎 なんでもこいッ展だィ! [blog:Museum a_go_go+]
「国芳・暁斎 なんでもこいッ展だィ!」 2004年12月11日(土)~2005年 [続きを読む]

受信: 2005.01.24 19:14

« 武魂絵巻 | トップページ | アイデアツリーの便利機能 »