« サムライガン三号丸、CDで推参 | トップページ | 「ジェノサイド」第1巻 »

2005.01.30

柳生秘帖 風の抄

 慶安2年、柳生の庄から、何者かの手により柳生秘帖が奪われた。天下の在り方を左右する柳生秘帖を奪還するために旅に出た柳生十兵衛は、敵が王政復古を目論む後水尾上皇配下の八瀬童子であることを知る。京を脱出し、吉野に籠もった上皇一派を追い、十兵衛は死闘を繰り広げるが。

 非常に珍しい、谷口ジロー先生による時代伝奇アクション。くっきりとした顔立ちの、どことなくバタ臭い谷口キャラによる時代劇は、最初は少し違和感がありましたが、描写、特にアクション描写の確かさはさすがといったところ。特に、最後の決闘で描かれる十兵衛による活人剣の極意は、アイディアの面白さも相まって、唸らされました。

 ストーリー的には、正直なところ新味はさほどないのですが、二編ある柳生秘帖の片方の正体と、それがこの国にもたらした結末は全く予想外で、最後の一ひねりに見事にしてやられたな、という気分になりました。

「柳生秘帖 風の抄」(谷口ジロー&古山寛 秋田文庫) Amazon bk1

|

« サムライガン三号丸、CDで推参 | トップページ | 「ジェノサイド」第1巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/2741685

この記事へのトラックバック一覧です: 柳生秘帖 風の抄:

« サムライガン三号丸、CDで推参 | トップページ | 「ジェノサイド」第1巻 »