« 立川文庫 霧隠才蔵 | トップページ | 艶書屋又十郎 降魔剣膝丸 »

2005.01.15

立川文庫 三好清海入道

 同じ立川文庫の「猿飛佐助」「霧隠才蔵」では脇役だった三好清海入道が主役になっての一編。出羽国亀田三好家の若様だった新左衛門(清海)が、城を滅ぼされ(まあ、清海が若様って時点で…)、遠縁である真田昌幸を訪ねていくまでの珍道中を描いております。

 ここで清海の相棒となるのは、由利鎌之助。似た者同士の二人が、あちこちの大名の元で事件を引き起こしては大暴れ、という趣向なのですが、正直あまりすっきりしない印象。
 というのも、清海も鎌之助も似たようなタイプのため、展開にメリハリがないのですね。佐助や才蔵は忍者ですし知恵も使うタイプなので、清海と組み合わせるとよい緩急がつくのですが、この作品では、良く言えばボケだけでツッコミがいない状態、悪く言えば暴力バカが止め役がいない状態で暴れているという状況で(水滸伝ファン向けに言えば、黒旋風李逵と喪門神鮑旭の二人旅、と言えばわかってもらえるでしょうか)、うーむという感じでした。

「立川文庫 霧隠才蔵」(野花散人 「歴史と旅臨時増刊 立川文庫傑作選」所収)


この記事に関連した本など

|

« 立川文庫 霧隠才蔵 | トップページ | 艶書屋又十郎 降魔剣膝丸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/2582111

この記事へのトラックバック一覧です: 立川文庫 三好清海入道:

« 立川文庫 霧隠才蔵 | トップページ | 艶書屋又十郎 降魔剣膝丸 »