« サムライガン SOUND ACTION FILE | トップページ | 阿修羅城の瞳オフィシャルブログ »

2005.02.17

あだし野に眠るもの 篁破幻草子

 昼は宮廷に、夜は冥府に仕えていたという奇怪な伝承でお馴染みの小野篁を主人公としたライトノベル。篁を主人公とした作品は珍しい…というほどではないですが、伝承の面白さの割にはエンターテイメント界での扱いが小さめだったのでなかなか嬉しいチョイスです。

 この作品での篁は、まだ少年時代。宮中で人気絶大の超絶美形ながら、その実すさまじい猫かぶりの毒舌家、それに振り回されるのが幼なじみの武官で…という設定で、都で頻発する怪事件に二人で対決する、というお話。もちろん、六道珍皇寺を通って冥府にも行きます。

 この作品、このクラスとしては水準作で、難しいことを考えずに読めるのですが、美形主人公と朴念仁の相棒というキャラ配置がいわゆる陰陽師ものの定番であり(特にティーンズ向けでは、「暗夜鬼譚」という先行者がいるのでなおさら)、どうしても新味に乏しく感じられるのが勿体ないところ。篁の設定などそれなりにひねってはいるのですが…
 そして何より、思いっきり話を次巻に引いているのが、微妙なところであります。正直、次巻は、手に入ったら読んでみようかな…というくらいでしょうか。

 よろしければお願いします


「あだし野に眠るもの 篁破幻草子」(結城光流 角川ビーンズ文庫) Amazon bk1


この記事に関連した本など

|

« サムライガン SOUND ACTION FILE | トップページ | 阿修羅城の瞳オフィシャルブログ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/2974906

この記事へのトラックバック一覧です: あだし野に眠るもの 篁破幻草子:

« サムライガン SOUND ACTION FILE | トップページ | 阿修羅城の瞳オフィシャルブログ »