« ビーケーワンリニューアルその他 | トップページ | 「Y十M 柳生忍法帖」連載開始 »

2005.04.15

夢幻紳士 幻想篇

 「ミステリマガジン」に連載されていたシリーズが単行本化。だごん様の日記を見なかったら危うく買い逃すところでありました。

 さてこのシリーズ、連載第1話は誌上で読んでいたのだけれども、それ以降は単行本待ちでよいか、などと思ってしまい見逃していました。おかげで、第1話に登場した「僕」がこの物語の実質的主人公であって、しかも実は××だった、などということは単行本を読むまで知りませんでしたし、何よりも終盤まで読んだところで、ここで登場する「彼」が実は×だったなどいうとてつもない仕掛けには本当に驚かされました(どのくらい驚いたかというと、「学校怪談」の九段先生の先祖のことを知ったときくらい)。
 なるほど、「怪奇篇」に対応しての「幻想篇」というタイトルかと思っていたら、それ以上の意味があったとは…
 さらに恐るべきは、あとがきを読むにそれが作者の初めから意図していたことではなかった、ということ。もちろん、作者一流の韜晦というのもあるかもしれませんが、何せ「彼」のことですから、自分の創造主を煙にまくくらいは平気でやるでしょう。

 煙にまかれたといえばこの物語のラスト、何とも切なくも小気味よく洒落た最後の一コマを目にするまで、この物語の中で「彼」が一度も××っていなかったことに、僕が全く気づかず、また不自然にも思わなかったことには驚かされました。
 どうやら、僕の頭の中にも「彼」がいるようであります。

 などと「彼」に親しんできたシリーズファンはもちろんのこと、このシリーズに初めて出会う方にも自信を持っておすすめできるのがこの作品。
 久々に、心の底から(=何の不満もなく)「ああ、この本を買って良かった…!」と思える作品に出会えた気がします(ラスト2話の切なさには思わずグッときましたよ)。

 よろしければお願いします


「夢幻紳士 幻想篇」(高橋葉介 早川書房) Amazon bk1


|

« ビーケーワンリニューアルその他 | トップページ | 「Y十M 柳生忍法帖」連載開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/3706449

この記事へのトラックバック一覧です: 夢幻紳士 幻想篇:

« ビーケーワンリニューアルその他 | トップページ | 「Y十M 柳生忍法帖」連載開始 »