« 今週の「SAMURAI DEEPER KYO」 | トップページ | 「戦国扮装エキストラ」大募集 »

2005.06.10

血路 南稜七ツ家秘録

血路―南稜七ツ家秘録
 先に文庫化された「死地」に先立つ南稜七ツ家秘録シリーズの第一弾。戦国時代、落城の危機に瀕した城から、城主の妻や子を「落とす」ことを生業とする山の民・南稜七ツ家秘録の活躍を描く時代アクションです。
 一読しての印象は、(ありがちな表現で恐縮ですが)頭から尻尾まで餡のぎっしりつまった鯛焼きのような作品。叔父に親兄弟を皆殺しにされた芦田家の若君が山の民として成長する様を縦糸に、七ツ家秘録と武田家の忍者集団「かまきり」との死闘を横糸に、冒頭から結末まで、一読巻を置く能わずという言葉がぴったりで、まさに七ツ家同様に、走り出したら止まらないノンストップアクション巨編でありました。

 何と言っても面白いのは、従来の忍術・剣術とは異なる、七ツ家の面々が操る秘術の数々。自らを取り巻く自然環境を最大限に活かしたサバイバル術とそれと表裏一体の戦闘術は、この作者の作品でしか見られない、独自の魅力溢れるアクションとなって炸裂、直接的な戦闘力では上回る「かまきり」の暗殺者たちに立ち向かう七ツ家の活躍がこの作品の見所となっています。

 そのほかにも、たくましく成長して七ツ家の一員に加わった主人公・喜久丸と七ツ家の奇想天外な方法による復讐劇あり、五対五のトーナメントバトルありと、盛りだくさんのこの作品、活きのいい時代アクションを求めている人には是非お薦めします。
 なお、残念ながら現時点では南陵七ツ家秘録シリーズは「血路」「死地」の二編しか書かれていないのですが、作者の同じく山の民が活躍する作品として「嶽神忍風」全3巻もお薦めであります。


「血路 南稜七ツ家秘録」(長谷川卓 ハルキ文庫) Amazon bk1


この記事に関連した本など

|

« 今週の「SAMURAI DEEPER KYO」 | トップページ | 「戦国扮装エキストラ」大募集 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/4489410

この記事へのトラックバック一覧です: 血路 南稜七ツ家秘録:

» 血路―南稜七ツ家秘録 [waterbird.jp]
「血路―南稜七ツ家秘録」へのトラックバックを受け付けました。 [続きを読む]

受信: 2005.06.10 00:29

« 今週の「SAMURAI DEEPER KYO」 | トップページ | 「戦国扮装エキストラ」大募集 »