« 今週の「SAMURAI DEEPER KYO」 | トップページ | ドラキュラ伯爵の知られざる貌 「明治ドラキュラ伝」 »

2005.06.18

そして替天行道は続く 北方謙三「水滸伝」最終回

 6年近く連載されてきた北方謙三の「水滸伝」「小説すばる」誌最新号掲載分をもって完結しました。
 未読の方のために詳細は書きませんが、壮絶としかいいようのない死闘の中で、ある者は命を落とし、ある者は姿を消し…と、梁山泊の壊滅が全く容赦なく描かれ、梁山泊という世界の終焉が描ききられていました。
 結末が、あのキャラクターで締められるというのは、ほとんどの読者が予想していたことと思いますが、私が予想していたよりも遙かに激しく厳しく、そして結末であって始まりである、そんな非常に印象的な結末でありました。
 冷静に読んでみると、かなりのキャラクターの生死が明らかにされておらず、また敵側のドラマにもまだまだこれから展開がありそうなことを考えると、ここで終わり? という気がしないでもありませんが、これはあくまでも「水滸伝」という物語の終わりであって、「替天行道」の物語は、まだまだ続いていくということなのでしょう。
 果たして北方版「水滸後伝」が描かれることがあるのか、そもそもそれを望むことが良いことなのか(終わった物語はそっとしておくべきではないのか)、それはわかりませんが、今はただ、素晴らしい漢のドラマを読むことが出来た満足感で一杯です。そしてまた、これほど物語作家というものが羨ましく思えたのは、生まれて初めてかもしれません。
 なにはともあれ、北方先生お疲れ様でした。

|

« 今週の「SAMURAI DEEPER KYO」 | トップページ | ドラキュラ伯爵の知られざる貌 「明治ドラキュラ伝」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/4608677

この記事へのトラックバック一覧です: そして替天行道は続く 北方謙三「水滸伝」最終回:

« 今週の「SAMURAI DEEPER KYO」 | トップページ | ドラキュラ伯爵の知られざる貌 「明治ドラキュラ伝」 »