« 懐かしい顔ぶれとの再会も サムライスピリッツ総合サイトその他 | トップページ | ちょっと面白すぎるんですが 「影風魔ハヤセ」 »

2005.06.30

ファンの飢えを癒す小説化 「サムライスピリッツ零~黄泉の黎明~」

 サルベージシリーズ。「サムライスピリッツ零」公式サイトに掲載されたWebノベルであります。
 この作品の企画担当としてスタッフロールにも名前の見える、さくらいとおる氏によるゲームの小説ですが、なかなか良くできていると思います。
 ゲームでも主人公であった徳川慶寅の視点を中心に、兇國日輪守我旺が起こした黄泉ヶ原の乱の顛末が、丹念に描かれており、好感が持てます。ゲーム中からの引用台詞が多用されている(ゲーム中で使われる台詞のリズムと、小説中で使われる台詞のそれは、やはり異なってくるものだと思います)のと、時代劇を意識しすぎた言葉遣い・台詞回しがちょっと読んでいて気になりますが(あと舞台は天明だというのに我旺が幾多の戦場を経験していることとか)、まあこれは気にするだけ野暮というものですね。

 慶寅以外の登場人物顔ぶれは、敵方を除けば覇王丸柳生十兵衛服部半蔵という面子(あ、あと右京)。話をややこしくしそうな風間兄弟や魔物組、外国勢や女性キャラは極力オミットされ、ファンタジックな部分は極力抑えられ、かなり渋めの色彩となっています。
 少し残念なのは、ラスト近く登場する闇キ皇(と雲飛)の存在がいささか唐突で浮いて見えることですが、これは元のゲームでもそうだったしなあ…

 が、そんなことよりも、ゲームをプレイしただけでは謎であった「慶寅=家斉なのか?」「慶寅vs覇王丸の決着はどうなった?」といった疑問の数々がきっちりと解決されているのは、ファンとして非常に嬉しい限りでありました。
 思えば「サムライスピリッツ零」という作品、随分と不遇な作品でありまして、その完成度や人気、コンシューマにも移植されたことなどにもかかわらず、攻略本の一冊も出なかったという状況。昔であれば何冊か攻略本・ムックが発売され、その中で裏設定などが掲載されたものですが、それがなかったこの作品では――シナリオにかなり力が入れられていたにもかかわらず――キャラクターの設定やストーリーの詳細で不明な点もままあり、歯がゆい思いをしていたのですが、それがかなりの部分解決されたのは欣快の至りです。

 シリーズとしての先行きは不透明な「サムライスピリッツ」シリーズですが、またこの小説「黄泉の黎明」のような作品に触れることができるよう、祈っている次第です。

|

« 懐かしい顔ぶれとの再会も サムライスピリッツ総合サイトその他 | トップページ | ちょっと面白すぎるんですが 「影風魔ハヤセ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/4766066

この記事へのトラックバック一覧です: ファンの飢えを癒す小説化 「サムライスピリッツ零~黄泉の黎明~」:

« 懐かしい顔ぶれとの再会も サムライスピリッツ総合サイトその他 | トップページ | ちょっと面白すぎるんですが 「影風魔ハヤセ」 »