« 闇鍵師と戦国BASARA | トップページ | 懐かしい顔ぶれとの再会も サムライスピリッツ総合サイトその他 »

2005.06.28

世なおしへの絶望と希望 「天保世なおし廻状」

天保世なおし廻状
 歴史ファン・時代劇ファンなら当然知らぬ者とてない大塩平八郎の乱に始まる、知られざる暗闘の世界を描いた一作。
 タイトルや、「大塩平八郎が乱を起こす直前、江戸へ発した書状を巡り、老中・水野忠邦や勘定奉行・矢部定謙などの幕府要人たちが繰り広げる激しい争奪戦に巻き込まれた浪速の町人の活躍を描く」という帯の謳い文句を見るに、いわゆる痛快活劇ものかな、と思っていたら、良い意味でも悪い意味でも完全に裏切られました。

 この作品で描かれているのは、大塩が(最終的には)武力で行おうとした「世なおし」に、それと同じ方法で、あるいは異なった方法で挑んだ者たちの苦闘と挫折の物語。物語の主人公、というよりは物語の見届け人となるのは、大塩の書状を託された大坂の町人・因果の仙吉と、矢部の用人である狩野晋助の二人でありまして、つまり庶民の立場と統治者の立場という二つの視点から、世なおしの顛末が描かれていく形となっています。この複層的視点により、物語がより厚みと現実感のあるものとなっているのは、作者の構成の妙と言えましょうか。

 それにしても天保という時代は、文化・社会が爛熟を過ぎて退廃の域に達したかのような時代。そんな世相、時代の流れの中で、何とか世の中を良くしていきたい、不正を懲らし弱き者を助けたいという思いを強く持った者たちが、必ずしも正しく遇されるわけではない――というよりもむしろ迫害され無念の涙を呑んでいく――というこの物語の中で描かれる歴史的現実は、非常に重く、できれば目を背けたくなってしまうもの。
 更に――これは作者もあとがきでも述べていることですが――天保という過去と、平成という現在の二つの時代の姿が、あまりに似通っていることを思うと、物語の重みはより一層増して感じられます。庶民に負担を強いる場当たり的な経済政策、改革という美名の下の統制、そしてそれに対して怒りも見せず一時の楽しみに溺れる庶民…それでいて現代には大塩も矢部もいない、いや、不平不満を言うだけで自分からは何もしない庶民の習い性に自分が染まっていることに気づかされて(いや直視させられて)、実に重ぉい気分となりました。

 しかし、この物語はもう一つの歴史的現実をも、力強く語っています。どれほど挫折しようと、絶望に直面しようと、そんなことは無理だからやめろと人に言われようと、強い世なおしの意志を持った者がいつの時代にも必ずいる、立ち上がるということを。そして直接世なおしに加わらなくとも加われなくとも、それを望み、助け、支える人々がいることを。
 それは正直に言って歴史の大きな流れの中では儚い動きであり、またたとえ世なおしが成功したとしてもそれが最初に望んだ通りの形になることもまた稀ですが、それでも歴史は完全に真っ黒というわけでも、個々人は全くの無力というわけでもないのでしょう。
 結末近くに明かされるこの物語の題名の意味は、それを物語っているように感じられます。

 世なおしへの絶望と希望。非常に重たいテーマであり、辛く厳しい現実を否応なしに味合わされる作品でもありますが、しかし今という時代からこそこのような作品に触れることは、やはり意味があると思います。


「天保世なおし廻状」(高橋義夫 文春文庫) Amazon bk1


この記事に関連した本など

|

« 闇鍵師と戦国BASARA | トップページ | 懐かしい顔ぶれとの再会も サムライスピリッツ総合サイトその他 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/4751319

この記事へのトラックバック一覧です: 世なおしへの絶望と希望 「天保世なおし廻状」:

» 天保世なおし廻状 [waterbird.jp]
「天保世なおし廻状」へのトラックバックを受け付けました。 [続きを読む]

受信: 2005.06.28 23:03

» 天保世なおし廻状 [waterbird.jp]
「天保世なおし廻状」へのトラックバックを受け付けました。 [続きを読む]

受信: 2005.07.08 22:17

» 天保世なおし廻状 [waterbird.jp]
「天保世なおし廻状」へのトラックバックを受け付けました。 [続きを読む]

受信: 2005.07.10 21:53

« 闇鍵師と戦国BASARA | トップページ | 懐かしい顔ぶれとの再会も サムライスピリッツ総合サイトその他 »