« 還らざる幸福 今週の「SAMURAI DEEPER KYO」 | トップページ | 全ては一つの命 「陰陽師 瘤取り晴明」 »

2005.07.30

極限の忍者バイオレンス 「忍び鬼 天山」

オンライン書店ビーケーワン:忍び鬼天山
 「黄金の忍者」シリーズで活きのいい忍者アクションを描いてくれた沢田黒蔵先生の最新作は、アクションというよりもむしろ忍者バイオレンスと呼ぶのがふさわしい一大殺戮戦。大坂夏の陣前夜を舞台に、かつて「天忍」と呼ばれ、全身兵具と恐れられた最強の忍者・天山の血で血を洗う復讐譚です。

 物語の縦糸は、大御所家康暗殺を企む謎の一党の計画、そして横糸は家族を惨殺されて地獄に舞い戻った天山の復讐行ですが、。この二つをつなぐ形で描かれるのが、天山vs伊賀者の壮絶というのも愚かな死闘また死闘の連続。復讐の鬼と化した天山の行くところ、比喩でなく屍山血河の地獄絵図が生まれます。この物語の副題が「地獄の犬ども」であり、また各章題が黒縄・焔熱・阿修羅・阿鼻叫喚・大紅蓮・無間と六大地獄の名から採られているのも、ふさわしい趣向と言えるでしょう。忍びたちの命が、鴻毛どころでなく軽々と吹っ飛んでいく様は(不謹慎を承知で言えば)、むしろ爽快感すら感じさせられてしまうのが恐ろしいことです。

 と、その一方で、忍びというものの――ひいては人というものの業が、この物語からは伝わってきます(天山をはじめとして、憑かれたように死闘に身を投じる忍びたちの多くが、元々は戦いというものに倦んでいたと描写されることは、その一つの現れと言えるでしょう)。そして、ある意味兵士の極限とも言うべき忍びたちのこの死闘が、戦国という時代の締めくくりとも言うべき大坂の陣前夜を舞台として描かれていることにも、作者の意図が感じられます。

 単なるバイオレンスアクションにとどまらず、忍びたちの死闘を通して人という存在のどうしようもない一つの真実の姿を描き出す――忍者小説の妙手ならではの作品と申せましょう。


「忍び鬼天山 地獄の犬ども」(沢田黒蔵 学研M文庫) Amazon bk1

|

« 還らざる幸福 今週の「SAMURAI DEEPER KYO」 | トップページ | 全ては一つの命 「陰陽師 瘤取り晴明」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/5223889

この記事へのトラックバック一覧です: 極限の忍者バイオレンス 「忍び鬼 天山」:

» 忍び鬼天山―地獄の犬ども [waterbird.jp]
「忍び鬼天山―地獄の犬ども」へのトラックバックを受け付けました。 [続きを読む]

受信: 2005.07.30 00:22

« 還らざる幸福 今週の「SAMURAI DEEPER KYO」 | トップページ | 全ては一つの命 「陰陽師 瘤取り晴明」 »