« 「伊庭征西日記」休載が残念 「コミック乱ツインズ」8月号 | トップページ | さくらがんばる! 今週の「Y十M」 »

2005.07.20

伝奇時代劇の風は吹くか 「里見八犬伝」と「SHINOBI」

 周回遅れのネタを得々として採り上げる似非ニュースサイトモードですよ。
 何のお話かというと、「里見八犬伝」が来年の正月に滝沢秀明主演でTVドラマ化されるというお話(ニュース記事 公式サイト)。
 タッキー、主人公の犬塚信乃役だそうです。主役だったのか、信乃。いや、わからないでもないですが。
(なお、この件については、えとう乱星先生から情報をいただきました。本当にありがとうございます)

 時間も5時間と相当の長尺だし、これは非常に楽しみです。原作をどこまで映像化できるかはわかりませんが、下手に原作にこだわらず、娯楽活劇としてブチかましていただきたいですね(しかし、八犬伝が初TVドラマ化(人形劇は除くとして)というのは意外でした)。

 個人的には仲間由紀恵さんが伏姫役というのも嬉しいですが、「やってくれた喃」と唸らされたのは玉梓役が菅野美穂さんということ。あの、平成の化け猫女優(言い過ぎ)が玉梓…素晴らしい。妖艶さが足りない、という声もありますが、妖艶さは船虫に任せとけ。にっこり微笑んでいるだけでゾクゾクするほど恐ろしい(褒めてます)希有な女優である菅野さんが玉梓が怨霊役とは、非常にはまり役だと思います。

 とはいえ…個人的には暗雲を早くも感じているのも事実。日本映画でスタッフがこれ言ったらほぼ100%確実に地雷宣言である「CGを駆使した」「最先端のCGで表現」などというフレーズのがこの作品でも臆面もなく出てきているわけで、そういう点では、素晴らしく不安感は高まります。「ロード・オブ・ザ・リング」引き合いに出すのは…「妖怪大戦争」も確かやってたからまあよしとしましょう。
 さらに、武田鉄矢、泉ピン子、長塚京三という、上記のキャスティングを台無しにしてくれるような面子も相まって…

 残り七犬士のキャスティング(あと、赤マフラーがどんな珍妙なコスで登場してくれるか)という部分に希望を見いだしたいと思います。とりあえず、歌舞伎界の若手と特撮経験者は必須で。浜路はどうでもいい。

 ちなみに、このニュースで八犬伝に興味を持った方には、ぜひ碧也ぴんく氏の「八犬伝」(ホーム社漫画文庫 全8巻)をご覧いただきたく。私の知る限り、ほとんど唯一、あの長大な原作をほぼ忠実に漫画化した(終盤の展開が一部異なりますが、これはこれで、八犬伝の一つの立派な解釈として成立しています)名作であります。
 八犬伝の名前は聞くけれどもちょっと原作には手が出ない…という人でも、楽しく読むことができると思います。


 も一つ、これは新しいニュース。時代劇つながりとともに仲間由紀恵つながりでもあるお話。「甲賀忍法帖」の実写映画化である「SHINOBI」のゼロ号試写が仲間さんの出身地・沖縄で行われたという話

 記事の中でもちょっと触れられていますが、ゼロ号試写がこういう形で採り上げられるというのはなかなか珍しい話で、松竹がそれだけ話題作りに力を入れている、ということなのでしょう。

 そして何よりも注目すべきは、「エンターテインメント性の高さを評価されたとし、アクション時代劇を新たな鉱脈と判断」というくだり。

 「里見八犬伝」の方とも共通する話ですが、伝奇時代劇の、(特にファンタジックな)エンターテイメント性に製作側が目を付けるようになってくれたのは、伝奇時代劇ファンとしては非常にありがたいことではあります。特に劇場用作品の場合、海外市場を考えたら、普通の映画よりは求心力は大きいはずです。
 もちろん、国内外から「時代劇なんてやっぱりダメじゃん」と言われないようなクオリティのものを作っていただかないと、元も子もないわけですが…

 ゲームショップに行っても、時代ものゲームで一コーナーが出来ていることも多い昨今、潜在的な需要・受け皿はあると思うのです。ぜひ、頑張っていただきたいものです。

|

« 「伊庭征西日記」休載が残念 「コミック乱ツインズ」8月号 | トップページ | さくらがんばる! 今週の「Y十M」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/5058481

この記事へのトラックバック一覧です: 伝奇時代劇の風は吹くか 「里見八犬伝」と「SHINOBI」:

« 「伊庭征西日記」休載が残念 「コミック乱ツインズ」8月号 | トップページ | さくらがんばる! 今週の「Y十M」 »