« 縁の下にも気を付けろ 今週の「Y十M」 | トップページ | 「それっぽさ」以上のものを出せるか 「必殺裏稼業」 »

2005.08.31

金庸健在なり 「射雕英雄伝」第1巻


 中国の大伝奇作家・金庸が元勃興時の中国を舞台に描く伝奇活劇「射雕英雄伝」(「雕」は正しくは「周+鳥」)の第1巻。内容的にはまだ導入部といった部分なのでしょうが、さすがは金庸というべき内容となっていました。

 憂国の士であった父を金兵に殺された少年郭靖(梁山泊の豪傑・郭盛の子孫という設定。何であんなマイナーキャラの子孫が…)は、江南七怪と呼ばれる七人の豪傑に武術を教え込まれ、チンギス・ハンのもとで成長していきます。が、実は江南七怪が郭靖に武術を教えたのは、かつて彼らと対立した武術家・丘処機との約束によるもの。丘処機は、郭靖の父と共に殺された親友の子を弟子としており、師匠たちの諍いを、弟子二人の武術試合で決着をつけようとしていたのでした(この辺り、素晴らしく金庸的展開)。そして約束の試合のためモンゴルを旅立った郭靖ですが、早速事件に巻き込まれて…というのが一巻までの内容。

 要約してもややこしい設定・展開ですが、実際にはこれに様々な好漢・怪人たち、そして様々なエピソードが物語を彩っており、さらに複雑な内容。果たして物語の落としどころが那辺になるのか、現時点ではさっぱりわからないのですが、しかしそれでももどかしさやつまらなさを全く感じさせず、ただただ物語に引き込まれてしまうのは、まさに金庸の面目躍如といったところ。
 因縁と因果、偶然と誤解が登場人物と物語を動かしていく金庸節には好き嫌いは分かれるかもしれませんが、私は大いに楽しめましたし、続巻が非常に楽しみです。

 金庸作品は、単行本では全て刊行されておりますし、この作品もその中でだいぶ以前に刊行されているので、「健在」という表現は変なのですが、私自身は実に久しぶりに(「秘曲笑傲江湖」以来)触れた金庸作品であり、そしてその面白さは相変わらずであったため、あえて「健在」という語を使わせていただく次第。


「射雕英雄伝 1 砂漠の覇者ジンギスカーン」(金庸 徳間文庫) Amazon bk1


関連記事
 混沌の心地よさ 「射雕英雄伝 2 江南有情」
 底抜け脱線嫁取り騒動 「射雕英雄伝 3 桃花島の決闘」

|

« 縁の下にも気を付けろ 今週の「Y十M」 | トップページ | 「それっぽさ」以上のものを出せるか 「必殺裏稼業」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/5715833

この記事へのトラックバック一覧です: 金庸健在なり 「射雕英雄伝」第1巻:

» 射雕英雄伝―金庸武侠小説集 (1) [waterbird.jp]
「射雕英雄伝―金庸武侠小説集 (1)」へのトラックバックを受け付けました。 [続きを読む]

受信: 2005.08.31 01:05

« 縁の下にも気を付けろ 今週の「Y十M」 | トップページ | 「それっぽさ」以上のものを出せるか 「必殺裏稼業」 »