« 写楽とは何だったのか? 「写楽百面相」 | トップページ | 草木に心がないものか 「暗夜鬼譚 細雪剣舞」 »

2005.08.27

色々な意味で目が離せないドラマ化 「秘太刀馬の骨」第1話

 昨晩から放映開始となったTVドラマ版「秘太刀馬の骨」。早速観てみましたが、一点を除いてはなかなか面白い作品でした。

 このドラマ版、基本的なストーリー展開は原作と同じようですが、大きく異なるのは、主人公が浅沼半十郎から石橋銀次郎に変わっていること。これは、ドラマ版を娯楽時代劇として描くのであれば、それなりに正しい変更かと思います。
 またそれに合わせて、銀次郎の性格も変わっている様子。原作では偏執的で、相当に嫌らしい人物として描かれていた銀次郎ですが、こちらでは、困った人物であるのは同様ながら、それは若さゆえの(周囲の迷惑を顧みない)直情ぶりから来ているように感じられるキャラクターとして描かれています。
 この辺り、改悪と怒る方もいるかもしれませんが、原作での銀次郎像は半十郎の目から見たものであって、銀次郎の立場から描けば、案外このような人間だったのかもしれない…と思うと、ちょっと楽しいと思いませんか。

 登場人物についてはもう一人、半十郎の妻・杉江のキャラクターが、メンヘル状態から普通の良妻賢母へと変更されていますが、演じる南果歩さんであれば原作版の杉江でも立派に演じられたであろうだけに、ちょっと勿体なかったかもしれません。

 さて、それでは一番最初に書いた「一点を除いては」というのはどこかと言えば、実際観た方ならほとんど同意見なのでは、とすら思うのですが、CGの使い方。
 基本的に、一部特撮を除く日本のドラマ――なかんづく時代劇――でCGを使えば、失笑もののビジュアルとなるのが常ではありますが(技術力というよりセンスの問題ですな)、それはこの作品でも変わらず。
 冒頭の子供の落書きのような虹などは、笑ってすませることもできますが、それでは済ませられないのが秘太刀馬の骨の伝説が語られるシーン。原作でも屈指の迫力を持つ名シーンが、ドラマではプレステ時代のCGを思わせる珍妙なCG画像のイメージ映像に…許せん。
 小生の頭の中では、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地覇王」でのビリー・チョウの馬殴りシーン(詳しくは「ビリー・チョウ 馬」でググってみてください)に匹敵するビジュアルが展開されていただけに(無茶言うな)、それとのあまりの落差に愕然としました。

 第一話のクライマックス、ジャンプ一番宙に舞った銀次郎の姿に暴れ馬が重なり、果たして出るか馬の骨!? という演出はなかなか面白かっただけに、馬CGの駄目っぷりが残念でなりません。

 これは、色々な意味で目が離せない作品となりそうですね。

|

« 写楽とは何だったのか? 「写楽百面相」 | トップページ | 草木に心がないものか 「暗夜鬼譚 細雪剣舞」 »

コメント

はじめまして。 BlogPeopleからきました。miwaと申します。

ちょうど原作を読み終えた頃に、ドラマ化されるのを知りました。
しかも、金曜時代劇に登場ということで!

原作で杉江の鬱状態が、ラストで克服するくだりとか、好きだったので
ちょっと変更されていて、残念だなと思いました。

それに、CGでちょと・・あれれ??と。
やたらとCGが散りばめられており、まぁ気にはならなくは無いが、肝心な所が
それですかっ!と驚きました。色んな意味で。

次回、どんなCG使いでくるか目が離せません。本田博太郎さんも濃そうです!
なんといっても、"小出帯刀"役の近藤正臣さんが、来週も饅頭を食べていたし^^;

それでは、失礼いたします。

投稿: miwa | 2005.08.27 23:07

miwaさん、コメントをどうもありがとうございます。

確かに、原作のラストシーンはとてもきれいにまとまっていたので、ちょっと勿体ないですね。
とはいえ、銀次郎が主人公ということで、原作とはまた異なる結末になるのは間違いないところで、それはそれで楽しみです。

何はともあれ、TVドラマ化にはある程度の改変が付き物なので、出来るだけポジティブに見守りたいな、と思っている次第です。

それにしても、本田博太郎さんが道場の最年長役を演じることになるとは…若い頃のギラギラした印象が強いので、ちょっと驚きました。

投稿: 三田主水 | 2005.08.27 23:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/5658113

この記事へのトラックバック一覧です: 色々な意味で目が離せないドラマ化 「秘太刀馬の骨」第1話:

« 写楽とは何だったのか? 「写楽百面相」 | トップページ | 草木に心がないものか 「暗夜鬼譚 細雪剣舞」 »