« いいバカは往く 今週の「SAMURAI DEEPER KYO」 | トップページ | 最強の力人との出会い 「修羅の刻 雷電編」第1回 »

2005.08.07

人情ロード・チャンバラ 「夜来の雨 素浪人三木兵庫」

夜来の雨―素浪人三木兵庫
 三木兵庫シリーズ第3弾。これまでシリーズは「大江戸殺法陣」というタイトルでしたが、今作はそのクレジットはなく、疑問に思っていましたが一読して納得しました。今作は三木兵庫が江戸を離れて江戸に向かうロードノベルであります。

 前作の事件で孤児となったかつての友の子・新之助を引き取って育てる兵庫ですが、実はその子供こそが、駿河真壁藩主の血を引くと判明。折しも真壁藩ではお家乗っ取りの陰謀が進行中、奸臣一派から藩を救うには、新之助を世継ぎとする他ない状況となりますが、当然それを奸臣一派が見逃すわけもなく…かくて兵庫は新之助を守りつつ、一路駿河に向かうこととなるという趣向です。

 と、エンターテイメントとしていつも水準以上の作品を書く城駿一郎先生ですが、正直なところ今回はかなり「並」の作品という印象。敵の暗殺者が一風変わった技を使ったり、一族復興のために兵庫らを襲う忍びの一族が登場したりと相変わらずサービス精神は旺盛なのですが、どうにもお話しが一本道という印象が強いのです。
 確かに、駿河へ向かう兵庫と、江戸で藩主殺しの犯人を追う大目付・乾官兵衛のエピソードが並行して描かれているのですが、「ええっ、こんな展開になるの!?」的な起伏に乏しいと申しますか…目的地に一直線、なロードノベル形式は、構成の段階で捻らないとなかなか難しいものなのだなあ、と考えさせられた次第。

 かなり厳しい感想になってしまいましたが、それだけ毎回楽しみにしている、ということでご勘弁いただきたく。


「夜来の雨 素浪人三木兵庫」(城駿一郎 ベスト時代文庫) Amazon bk1

|

« いいバカは往く 今週の「SAMURAI DEEPER KYO」 | トップページ | 最強の力人との出会い 「修羅の刻 雷電編」第1回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/5353785

この記事へのトラックバック一覧です: 人情ロード・チャンバラ 「夜来の雨 素浪人三木兵庫」:

» 夜来の雨―素浪人三木兵庫 [waterbird.jp]
「夜来の雨―素浪人三木兵庫」へのトラックバックを受け付けました。 [続きを読む]

受信: 2005.08.07 21:53

« いいバカは往く 今週の「SAMURAI DEEPER KYO」 | トップページ | 最強の力人との出会い 「修羅の刻 雷電編」第1回 »