« 作品集成久々更新 | トップページ | 青春小説として 「吉原御免状」再読 »

2005.09.09

新感線ファンは買いでしょ 「髑髏城の七人」ドクロBOX

 昨日、「髑髏城の七人」ドクロBOXが届きました。劇団☆新感線の「髑髏城の七人」、過去三作を収められるBOX+特典ディスクというセット、私は1997年版アカドクロの過去二枚は持っていたので、アオドクロ+BOXのセット、limited editionを購入しました。

アオドクロの方の映像特典は、
・メイキング
 染五郎へのインタビューを中心に40分弱。ナレーターは蘭兵衛役の池内博之
・「ゲキ×シネ」東京初日舞台挨拶
 染五郎・鈴木杏・ラサール石井の舞台挨拶が約10分。女の子らしい格好をした鈴木杏という素敵なものが
・佐藤アツヒロおまけ映像
 別録りしたオーディオコメンタリーの映像版
・予告編
 「ゲキ×シネ」の予告編映像
と、お約束ですがなかなか楽しい内容。特にメイキングの染五郎インタビューはなかなか愉快な内容でありました。

そしてBOXの特典ディスクの内容は
・髑髏城の七人~1990 特別編集版
 唯一ソフト化されていない1990年版のダイジェスト。1時間弱
・年末!ドクロイヤー対談 古田新太VS市川染五郎
 アカ&アオの主演二人の対談。約35分
・歴代!百人斬り
 本作の見せ場の一つ、百人斬りシーンを1990年版からアオドクロまで全四作分収録
・アカドクロ メイキング
 ナレーターは吉田メタル。約20分
・アカドクロ インタビュー
 約40分。後ろの方では何故かフィーリングカップルが…
・「ゲキ×シネ」アナウンス映像(アカドクロ-古田新太、アオドクロ-市川染五郎)
 「ゲキ×シネ」上映時に館内で流されたアナウンスの映像版
・いのうえひでのり「ドクロ」を語る
 髑髏城の七人の生みの親、いのうえひでのりへのインタビュー。30分弱
・おまけ
 アオドクロDVD収録中にカメラと目が合っちゃった人とカメラを意識しまくっていた人の特典映像
と、ファンにとってはかなり充実の内容。特にうれしかったのは1990年版が、ダイジェスト(しかも舞台の斜めからホームビデオで撮った映像)とはいえ、約1時間収録されていたのは、遅れてきた新感線ファンとしては大変嬉しいプレゼントでありました。いや、驚きましたよ…舞台の狭さと古田新太の細さに。

 まあ、興味ない人には全くアレですが、ファンにはたまらん内容となっているこのBOX、私はかなり満足できました。新感線ファン、髑髏城ファンならとりあえず買い、です。


 あ、特典フィギュアは、まああんなものだと思います。しかし古田捨之介と市川捨之介、並んでいるととても同じキャラとは思えなくて愉快ですね。フィギュアというより置物という質感です。

|

« 作品集成久々更新 | トップページ | 青春小説として 「吉原御免状」再読 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/5852970

この記事へのトラックバック一覧です: 新感線ファンは買いでしょ 「髑髏城の七人」ドクロBOX:

« 作品集成久々更新 | トップページ | 青春小説として 「吉原御免状」再読 »