« ちっちゃいバジリスクに感慨深く | トップページ | 今日も二本立て 「大江戸火盗改・荒神仕置帳」&「破斬 勘定吟味役異聞」 »

2005.09.05

今明かされる冥府流誕生秘話 「幽王伝 魔剣烈風篇」

幽王伝(魔剣烈風篇) 冥府流の魔剣を破るべく、山に籠もる仏陀蒼介。その前に、冥府流総帥・雅楽樹方佰がついに現れる。東雲藩主夫妻を籠絡した冥府流は将軍家指南役の座を狙い、柳生・小野両家は冥府流を滅ぼすべく刺客団を送るものの、奇怪な魔手の前に、柳生刑部が倒される。更に、奇怪な野望を胸に秘めた薬屋・陣吾も独自の動きを見せ、事態はいよいよ混迷。果たして蒼介の剣は能く魔剣を破り得るか!?

 「幽王伝」の続編。前巻では影を見せるくらいであった冥府流総帥が前面に現れ、いよいよ総力戦の様相、そんな中で主人公・仏陀蒼介はひたすら己の剣を磨くも…という展開であります。
 何と言っても今回面白いのは、遂に明かされる冥府流誕生秘話でしょうか。総帥自らの口から語られるその内容は、まさしく冥府流がしびとの剣であったと知れる奇想天外なもの。一種パラドキシカルなロジックに見える部分も不思議に納得できる菊地節横溢な内容で、菊地先生が好んで描く、この世の裏面に存在する世界としての死人の世界の妖気が伝わってくるような、たまらなく魅力的な物語でした。

 が…それ以外の部分は、菊地作品にしてはちと微妙だなあというのが正直な感想。登場人物たちに、今ひとつ生彩がないように(いや、死人だからとかではなくて)感じられるのと、物語展開に起伏がいささか乏しく感じられたのです。
 登場人物については、役者はほぼ出揃ったと思われるのですが、強烈な個性を発揮しているキャラが(あくまでも菊地作品にしては)少ないのではないかなあという印象。特に、以前も述べたように前巻でも感じられた冥府流の門弟たちのキャラの薄さが、総帥の影に隠れてしまったのが残念です(その総帥も今ひとつ言動が小物っぽいしなあ…)。
 その中で、人間的にも剣客としても、不思議な個性を見せる蒼介のキャラクターは光っており、なるほど、この男ならば死人たちを打ち破ることが、と思わされるものがあったのは収穫でしょう。
 後者については、その蒼介がこの巻を通して修行中(一エピソードとしてではなく、一冊丸々修行中というのは、菊地主人公としてはやはり珍しい…よなあ)であり、戦いの渦中に飛び込む、というより、降りかかる火の粉を振り払うといったスタンスであったためにそう感じられたのかも知れません。

 何はともあれ、今回は起承転結で言えば、承・転に当たるであろう部分(つまり「次巻につづく」)。果たして物語がどのような結末を迎えるか、心して待ちたいと思います。

追記:
 登場キャラの一人は、姿と言動こそ大きく違え、最近復刊されたAmazon(旧題「妖人狩り」)の狩谷四人氏を思わせる存在なのでしょうか(これもまた、死人の物語でありました)。
 も一つ、この巻には「菊地先生がメフィストと同じ趣味に!?」と読んでいて焦らされる問題シーンがあるのですが、この前後の展開は、先生らしいギャグと取るか、悪ふざけが過ぎると取るか、人それぞれでしょうね。


「幽王伝 魔剣烈風篇」(菊地秀行 ハルキ・ノベルス) Amazon 楽天 bk1

|

« ちっちゃいバジリスクに感慨深く | トップページ | 今日も二本立て 「大江戸火盗改・荒神仕置帳」&「破斬 勘定吟味役異聞」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/5790139

この記事へのトラックバック一覧です: 今明かされる冥府流誕生秘話 「幽王伝 魔剣烈風篇」:

» 幽王伝 魔剣烈風篇 [waterbird.jp]
「幽王伝 魔剣烈風篇」へのトラックバックを受け付けました。 [続きを読む]

受信: 2005.09.05 00:31

« ちっちゃいバジリスクに感慨深く | トップページ | 今日も二本立て 「大江戸火盗改・荒神仕置帳」&「破斬 勘定吟味役異聞」 »