« 戦国武将の人間力を見よ 「影風魔ハヤセ」第1巻 | トップページ | ちょっと小休止? 今週の「Y十M」 »

2005.09.28

時代小説の現在を見よ! 「読んで悔いなし!平成時代小説」


 「時代劇マガジンSPECIAL」という扱いのこのムック、昨日の朝刊の広告で見て早速購入しましたが、期待以上に面白い、よく出来た本でした。
 内容的には「平成生まれの傑作&名作100」という、平成になってから出版された(発表された、ではなく)時代小説の中からの100選という企画がメインですが、それ以外の企画記事もかなりの充実ぶりでありました。

 何よりもこの本が面白いのは、例えば池波正太郎や司馬遼太郎といった大御所層の作品をあえて外し、平成になってからにターゲットを絞ったこと。
 もちろん平成も早17年、その間に出版された時代小説も相当な数になるかと思いますが、しかし、これまでに出版された時代小説解説本のほとんどが昭和初期(あるいは明治大正)以降の作品からチョイスしており、紙幅の都合等から結果的に最新の作品や、文庫書き下ろし作品のようないわゆる大衆向け作品が漏れることとなっていることを考えると、「時代小説」の「現在」を見せるために対象を絞って見せたこの本の企画の妙が光ります。


 その他、メインの企画以外で特に面白かった記事を挙げますと…
○「時代小説書き下ろし文庫の“現在”」
 上でも触れたように、現在の時代小説界のメインストリームを形成しつつありながら、これまできちんと語られたことの無かった文庫書き下ろし作品の世界を、文庫書き下ろし界の鉄人・佐伯泰英先生へのインタビューや出版社担当編集者への取材で語っています。

○「心に残る平成キャラクターたち」
 「無宿狼人キバ吉」の作者・森野達弥氏のイラストによるキャラクターエッセイ。「妖藩記」の紫暮右近・左近のイラストがまた格好良いんだ。原作を知っている方なら「どうやって右近を描くの?」と思うかも知れませんが、これがまたうまいことになってます。

○「ライトノベルはキャラクターで読む時代小説?」
 これまた今までの時代小説解説本でほとんど黙殺されてきたライトノベル――特に女の子向けを中心に――の中の時代小説を紹介してます。「鬼神新選」の紹介文、間違えてないけど容赦ないです。

○「ながめて楽しいビジュアル系時代小説のすすめ」
 これまた(以下略)児童文学や絵本の中の時代小説の紹介記事。これはかなりの方にとって未知の世界かと思われるので、実に興味深い内容です。私にとって軽いトラウマ作たる「ベロ出しチョンマ」がいの一番に紹介されていて驚きました。


 …と、上記の内容でも大体おわかりかと思いますが、この本の実に素晴らしいところは、従来の読者層である中高年男性のみならず、女性層、若者層にも時代小説をアピールしていこうとしている点。

 現在確かに時代小説は一種のブームではありますが、あくまでもそれは一部(決して少なくはない人数ですが)の層を対象としたものに過ぎない、という印象があります。そして、真に時代小説ブームを盛り上げ、継承していくためには、バラエティに富みかつ内容豊かな時代小説が生み出されていくためには、もっともっと広い層を対象として、老若男女全てを対象とするくらいの気持ちで作品を、情報を発信していく必要があると私は常々考えています。

 この本は、そんな私にとって、まさに我が意を得たり、な内容。
 名作を読むのはもちろん大変結構なことではありますし、「高尚な」作品に触れるのももちろん素晴らしいことですが、それだけではない、実にエネルギッシュでバラエティに富んだ時代小説の「現在」を、色々な層の方々に知ってもらうための紹介役、指南役として、この本はうってつけの内容かと思います。


 ちなみに、個人的には「近藤ゆたか先生の(参加している)時代劇本にハズレなし」と思っていますが、この本の中でも近藤先生は大活躍。そして私のその印象も間違っていなかったことがまたも証明されたと感じた次第。


「読んで悔いなし!平成時代小説」(タツミムック) Amazon bk1

|

« 戦国武将の人間力を見よ 「影風魔ハヤセ」第1巻 | トップページ | ちょっと小休止? 今週の「Y十M」 »

コメント

はじめまして。
この本に興味があって、bk1のトラックバックから参りました。
時代伝奇のブログということで、他の記事も少し拝見させていただきました。
私は伝奇小説が好きで(時代物や歴史物に限らないのですが)、たまにサイト検索してみたりするのですが、伝奇小説メインのところになかなか行き当たらなくて寂しい思いをしておりました。
まだぱらぱらとしか拝見していないのですが、その中でも色々と興味を引く記事がありましたので、過去ログをゆっくりと読ませていただこうと思っています。
まだ伝奇小説好き歴は短いので、是非とも記事を参考にさせていただき、読んでいない伝奇小説を発掘しようと張り切っております。
それでは突然の書き込み、失礼致しました。

投稿: 朱咲りつき | 2005.10.03 00:06

朱咲様はじめまして。三田主水です。
伝奇小説に興味をお持ちとのこと、同好の士として、非常に嬉しく思います。

かなり好き勝手に書いているblog・サイトでありますので、正直お恥ずかしい内容も多々ありますが、ご笑覧いただければ幸いです。

どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: 三田主水 | 2005.10.03 00:31

はじめましてnicoと申します。
この本はいいですね。時代小説をあまり頻繁に読む方ではないので、ガイド本としてとても参考になりそうです。ライトノベルや児童文学までカバーしてるっていうのもスゴイですね。是非購入したいと思います。

投稿: NICO | 2005.10.03 07:58

NICOさんはじめまして! どうぞよろしくお願いします。
この本は、時代小説にあまり触れたことがない方にこそ読んでいただきたい本です。
NICOさんのように少しでも多くの方がこの本を通じて、時代小説に親しんで下されば、望外の喜びです。

投稿: 三田主水 | 2005.10.06 01:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時代小説の現在を見よ! 「読んで悔いなし!平成時代小説」:

« 戦国武将の人間力を見よ 「影風魔ハヤセ」第1巻 | トップページ | ちょっと小休止? 今週の「Y十M」 »