« 金庸健在なり 「射雕英雄伝」第1巻 | トップページ | 衷心と忠心と 今週の「SAMURAI DEEPER KYO」 »

2005.09.01

「それっぽさ」以上のものを出せるか 「必殺裏稼業」




 気がついたら発売まで一ヶ月を切っていた「必殺裏稼業」以前も一度紹介した時にはまだ情報が出かけでしたが、今では公式サイトは動画も色々と紹介され、なかなかの充実ぶり。

 一番長いプロモーション動画などはなかなかの見応えで(こういうとき光回線って本当にありがたい)、イベントムービーやらゲーム中の探索画面(江戸の町をブラブラしているだけでも面白そうです)、裏稼業のメンバーたちの紹介、そしてもちろん最大の見せ場である殺しのシーンまで一通り入っています。
 正直なところ、あまりにも「それっぽさ」が過剰で、見ていて気恥ずかしさすら感じさせられる部分もあるのですが、これはもうそんなことは承知の上、狙いまくって作っているのですから、あれこれ言うのは野暮かもしれません。

 が、やはり折角こうしてこのご時世に新作として登場するのですから、「それっぽさ」以上のものも期待するのが当然のところ。
 時代劇というものにだいぶ以前から並々ならぬ愛情を持つ元気ライトウェイト製のゲームなのですから、時代劇ファンの期待を裏切らない作品になっていると思いますが…お手並み拝見といきましょう。


「必殺裏稼業」(元気 プレイステーション2用ソフト) Amazon 楽天(9月22日発売)

|

« 金庸健在なり 「射雕英雄伝」第1巻 | トップページ | 衷心と忠心と 今週の「SAMURAI DEEPER KYO」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/5729343

この記事へのトラックバック一覧です: 「それっぽさ」以上のものを出せるか 「必殺裏稼業」:

« 金庸健在なり 「射雕英雄伝」第1巻 | トップページ | 衷心と忠心と 今週の「SAMURAI DEEPER KYO」 »