« 青春小説として 「吉原御免状」再読 | トップページ | さらば信念の漢 「今週のSAMURAI DEEPER KYO」 »

2005.09.11

時代劇ファンとしては満足だが… 劇団☆新感線「吉原御免状」

 昨日の記事にも書きましたが、昨日劇団☆新感線「吉原御免状」を観てきました。
 感想を一言で言えば、時代劇ファンとしては満足、新感線ファンとしては微妙…といったところでしょうか。

 直前に原作を読み返した目からすれば、原作の再現度は二重丸。もちろん、舞台ゆえの時間的・空間的制約から来る改変はありましたが、それも最小限で、原作の要素を巧みに活かしつつ、三時間弱の舞台に再構成してみせた演出のいのうえひでのり氏、脚本の中島かずき氏の手腕にはいつものことながら感心させられます。ラスト、誠一郎が決断するまでのシーケンスがあっさりしすぎていることを除けば、原作のイメージを裏切られたという印象はありませんでした。
 内容的にまず再現できないだろうと思っていた(というかあまり見たいものではないですが)勝山がアレされるシーンまで忠実に再現されていたのには驚きました。

 ただ…今までの新感線を期待すると完璧に裏切られるのが今回の舞台。ものすごーく即物的に言えばお笑いなし・歌なしというのが大きいのですが、何よりもかなり優等生的な文体で描かれた原作をそのまま再現したかのような舞台上の空気は、これまでの新感線の舞台からするとかなりの違和感を感じさせられます。
 正直に言わせてもらえれば、観ながら何度も「これ新感線でやる意味はあるのかなあ…」と感じさせられました。いや、演じる役者の方々ははまり役が多く、その意味では劇団としての地力を再確認させられた面はあるのですが、新感線以外の劇団が演じても同じ味わいになったのでは…というのは暴言としても、新感線の舞台を観ているときのワクワク感があまり感じられなかったのは残念でなりません(まあ、よりによって前日に「レッツゴー!忍法帖」のDVDを観てしまったというのは大きいと思うんですが(笑))。

 いや、すみません、一カ所「ああ、これは新感線でなくちゃ」と思わされたシーンがありました。それは過去の場面、傀儡子一族の宴のシーン。無国籍的雰囲気の中で、傀儡子の民たちが騒ぎながら、陽気に人生の喜びと一族の誇り、そして差別への怒りと闘志を歌い上げるシーンは、原作にあったテーマ性をより先鋭的に、エネルギッシュに描きあげたものとして強く印象に残りました。さすがは「まつろわぬもの」たちを描き続けてきた中島脚本、いのうえ歌舞伎と申せましょうか。

 などと色々と書いてみましたが、やはり振り返ってみると、真っ当な時代劇ファンには自信を持って薦められるものの、新感線ファンにはどうかなあ、という印象(そもそも、この二つが相対するものなのか、という疑問は自分でもありますが)。
 もっとも…考えてみればこの舞台は昨日で三日目。新感線の舞台が後半に行けば行くほど洗練されていくことを考えれば、後半大化けする可能性も大きいわけであって、できればもう一回、後半に観に行きたいなと思っている次第です。

|

« 青春小説として 「吉原御免状」再読 | トップページ | さらば信念の漢 「今週のSAMURAI DEEPER KYO」 »

コメント

こんにちわ。
私は今回初めて新感線の舞台を観たので、純粋に楽しめました!
もちろん時代劇としても楽しめたし、舞台セット、音楽、照明など、すべて斬新で感動しました。

もっといろんな作品を観てみたいです!
「これがお勧め!」という作品があったら教えてください。
TBさせてください(^o^)

投稿: やすよ | 2005.09.15 13:24

はじめまして、ささみと申します。
ちょっとオトナな舞台でしたね。
アドリブが抑えめだったのが、私としては物足りないところでした・・・
が、記事でおっしゃられてる通り、後半化ける可能性を楽しみにしております。
TBさせて下さいませ。

投稿: ささみ | 2005.09.16 02:49

はじめまして、わたと申します。
2日目に観に行ったのですが、
私も「時代劇ファンとしては満足、新感線ファンとしては微妙…」に同意見でございます。
TBさせてくださいませ。

投稿: わた | 2005.09.16 19:08

皆様
はじめまして。ようこそお越し下さいました。TBありがとうございます。こちらからもTBさせていただきました。

やすよ様:
本当にクオリティが高い舞台だったと思います。
本文では触れませんでしたが、大道具の類も限られた空間をうまく活かしていましたね。

おすすめの新感線作品としては…「吉原~」から入られたのでしたら、次は「アカドクロ」か、今度DVDの出る「SHIROH」がよいかと思います。どちらも新感線作品では比較的シリアス(といっても「吉原~」より相当ぶっ飛んでいますが)なので、スムーズに入れるかと。
その後は堤さん主演の「野獣郎見参」「アテルイ」などもよいですが、最終的にはぜひ「レッツゴー!忍法帖」のバカバカしさに触れていただきたいと思います。

僕のブログでも色々と紹介しているので、よろしければご覧下さい(http://denki.txt-nifty.com/mitamond/cat322358/index.html)


ささみ様:
確かに、知らないで観たら新感線の舞台と気づかないような(笑)。原作もかっちりした物語でしたが、舞台の方も負けず劣らずかっちりしたものとなっていた印象があります。
基本的に真面目なキャラばかりで、アドリブできそうなのが水野さん(膳さん)くらいだったですし…
(そういえば私が観たときおひょいさんが「あざみ」のことを「どくだみ」と呼んだのは演出だったのかガチの言い間違いだったのか…)

後半戦がどうなるか、やっぱり気になりますね(せめて東京公演はもう一回行きたいです)。


わた様:
やはり、原作に忠実すぎたのかなあ…という印象ですね。わた様の記事も拝見しましたが、「女の強さ」が足りないは特に同感です(原作に登場する女性も、正直あまり魅力的でないような…ゴニョゴニョ)

投稿: 三田主水 | 2005.09.17 00:32

はじめまして。大阪で観たので遅いTBさせていただきました。

おっしゃるとおりです^^;
思わず観劇後のアンケートに書いちゃいました。
「もの足りなかった」と・・・(ごめんなさーい!といのうえさんの後姿見てドキ!としました)
私関西人なのでかもしれませんけど、いつものような情熱的な人の「業」が足りなかったみたいです。
お話や人間関係と役者はかなりいいと思います。

>傀儡子一族の宴のシーン
これは私もほのぼのとして見ておりました。

>前日に忍法帖!
(><)思わずここで「あーはっはっは!」と新感線笑いをしてしまいまいした。うぅーーーよりにもよって忍法帖ーー!
忍法帖で笑い苦しみながら大阪の冬の夜道をルンルン♪と帰った日を思い出しました。

投稿: 和風花 | 2005.10.24 23:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/5882294

この記事へのトラックバック一覧です: 時代劇ファンとしては満足だが… 劇団☆新感線「吉原御免状」:

» ■吉原御免状■ in 青山劇場 [くれあれく]
[http://www.vi-shinkansen.co.jp/ 劇団 新感線プロデュース 吉原御免状] {{{原作 隆 慶一郎 脚色 中島かずき 演出 いのうえひでのり 出演 堤 真一 松雪泰子 古田新太 / 京野ことみ 梶原 善  橋本じゅん 高田聖子 粟根まこと / 藤村俊二}}} いやー凄かった! いつものようにほとんど予備知識はなく、開演前にパンフレットを流し読みしただけだったんだけど、 とっても分かりやすく舞台展開も早く、正味3時間..... [続きを読む]

受信: 2005.09.15 13:21

» 『吉原御免状』劇団☆新感線/青山劇場(9/14ソワレ) [カエルノセカイ]
原作:隆慶一郎 脚色:中島かずき 演出:いのうえひでのり 出演:堤真一 松雪泰子 古田新太 京野ことみ 梶原善 橋本じゅん 高田聖子\根まこと 藤村俊二 など。 幼少のみぎり剣豪宮本武蔵に拾われ、人里離れた山奥で剣術の修行に励んでいた主人公、松永誠一郎は、武..... [続きを読む]

受信: 2005.09.16 02:43

» 劇団☆新感線『吉原御免状』 演出:いのうえひでのり @青山劇場 [びじょびじょん]
ジャンル:歴史活劇 満足度:A  “いのうえ歌舞伎第二章”のスタート。 9月9日(二日目)の夜の部を観てきました。 面白くて華麗。もうちょっと深みを。 隆慶一郎の原作ありきなので、 今までの「いのうえ歌舞伎」と比べると、 お笑い・裏切り・女の強さが足りないですー。 殺陣・音楽・照明のカッコよさは期待通り。 そして、主役の堤真一&松雪泰子の存在感は流石。 映像での活躍のイメージが強いですが、 舞台役... [続きを読む]

受信: 2005.09.16 19:10

» 劇団☆新感線『吉原御免状』 [某茶房拾遺伝]
昨年の『髑髏城の七人〜アオドクロ』は、言ってみれば今までの「いのうえ歌舞伎」の集大成的作品だったと聞いている。 それに三度のゲキ×シネ公開と、『阿修羅城の瞳』の映画化。普段、観劇をしない多くの人の目に触れたことだろう。これらが契機となって、新規ファンはかなり増えたに違いない。 それだけではない。 新感線のファンはリピータだけではないのだ。最近観なくなっている潜在ファンがゲキ×シネなどに触発されて「どれ、久々に観るか」などと思ったりもしただろう(かくいう僕もその一人だが)。 だから、正直、ファンクラ... [続きを読む]

受信: 2005.09.21 16:08

» 吉原御免状−いのうえ歌舞伎−大阪梅田芸術劇場 [メタセコイヤの小さな森から]
んー堤真一さん大人の男の香りですね。松雪泰子さんも大好き+新感線のまた新しい試みに遅ればせながらやっと堪能してきました。 ネタバレも何ももう明日大楽になるので舞台の様子を書きます。 そうこの舞台写真を見ただけでも思い出しますね。 やっぱり江戸。やっぱり....... [続きを読む]

受信: 2005.10.24 23:08

« 青春小説として 「吉原御免状」再読 | トップページ | さらば信念の漢 「今週のSAMURAI DEEPER KYO」 »