« ちょっと小休止? 今週の「Y十M」 | トップページ | 消えゆく命と受け継がれる魂 「今週のSAMURAI DEEPER KYO」 »

2005.09.30

血闘者の肖像 「柳生一族と闘った男」


 サルベージシリーズ。神陰流の奥伝を印した印可書を巡り、二階堂主水(松山主水)が、時代劇世界で一番敵に回したくない連中・柳生一族を真っ向から敵に回しての大血闘を展開するアクション時代劇画、以前「血闘者」として発表された作品を、廉価版コミックとして再編集したものです。

 メインのストーリーは、主水と柳生一族の対決ですが、その他にも宮本武蔵や山田浮月斎も登場して戦いに加わり、五味康祐の「柳生武芸帳」を意識しているのかな、という印象もあります。が、あちらでは「政治」というものが重要なファクターとなっていた一方で、こちらは主水がひたすら斬って斬って斬りまくる展開。
 二階堂主水が神陰流の流れを継いでいたり(二階堂流は中条流がベースのはず)、石舟斎存命中に十兵衛がいたりと、アレ? と思う部分がないでもないですが、剣戟アクションとして見れば水準以上の出来であり、特に明国からやって来て柳生一族の助太刀となった中国武術の遣い手・李朱明一党が登場してからは、日本の剣法vs中国武術という一種の異種格闘技戦的趣向もあって、バラエティに富んだ殺陣が楽しめました。

 ただ、刃を持って自分に対する者であれば、老若男女容赦はしないという苛烈な生き方をする主水が、惹かれ合うようになった女忍の無惨な死に様に遭って初めて自分の生き様に疑問を抱くという終盤の展開に、今ひとつ共感できなかったのが残念なところではあります(もちろん、それなりに心情描写はされているので、あくまでも個人の感覚ですが)。
 とはいえ、そんな自らの全存在に対する疑いと虚無感に苛まされながらも、なお柳生一族・李朱明との絶望的な決戦に向かう主水の姿は、まさに「血闘者」と言うにふさわしいものであったと言えるかと思います。


「柳生一族と闘った男 竜之巻」(武本サブロー<さいとう・プロ作品> リイド社SPポケットワイド) Amazon
「柳生一族と闘った男 鬼之巻」(武本サブロー<さいとう・プロ作品> リイド社SPポケットワイド) Amazon

|

« ちょっと小休止? 今週の「Y十M」 | トップページ | 消えゆく命と受け継がれる魂 「今週のSAMURAI DEEPER KYO」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/6178921

この記事へのトラックバック一覧です: 血闘者の肖像 「柳生一族と闘った男」:

« ちょっと小休止? 今週の「Y十M」 | トップページ | 消えゆく命と受け継がれる魂 「今週のSAMURAI DEEPER KYO」 »