« 再び吹けよ剛神風! 「大江戸超神秘帖剛神」 | トップページ | 10月の伝奇時代劇関連アイテム発売スケジュール »

2005.09.25

狐の姿に漂う情念 文楽「芦屋道満大内鑑」

 国立劇場の9月文楽公演「芦屋道満大内鑑」を観てきました。
 今日上演されたのは、「大内の段」「加茂館の段」「保名物狂の段」「葛の葉子別れの段」「信田森二人奴の段」。題名に付けられているにもかかわらず、芦屋道満の出る段・場面が全てカットというのには泣けましたが、いわゆる「信田妻」のエピソードを中心に構成されていて、これはこれで致し方ないのでしょう。

 この「芦屋道満大内鑑」は初めて観るのですが、思っていた以上にバラエティに富んだ内容。「加茂館の段」の奸臣の悪巧み・継子虐めと、そこから一転しての復讐劇(人形でなければ演じられないような豪快かつ妙にリアルな殺しの場面には驚かされました)、「保名物狂の段」の狂った保名が見せる美しい舞い、「信田森二人奴の段」の瓜二つの二人奴のコミカルな活躍と、観る側の喜怒哀楽全てを刺激するような筋立ての盛り込み様には感心しました。

 が、やはり一番心揺さぶられたのは何と言っても「葛の葉子別れの段」。安倍保名に命を救われた白狐が、葛の葉姫に姿を変えて保名に添い、子供(後の晴明)をもうけて幸せに暮らすも、本物の葛の葉姫の登場により狐の姿を現し、信田の森に去っていくという非常に有名なエピソードですが、吉田文雀氏操る女房葛の葉の姿がひたすら感動的でありました。
 首は美しい女性の姿のままで、体は半ば白狐という異形に変わりながらも(ちなみにこの時の一瞬の変貌も人形浄瑠璃ならではの面白い仕掛け)、眠る我が子に、語りかける姿。感情が高ぶれば狐の本性が現れるのか、人とは異なる獣めいた所作を交えながらも、あくまでも母親として切々と語り、涙する姿は、圧巻の一言。
 更に、完全に白狐の姿と変わって去っていく際に、愛しい夫と我が子に振り返ってみせる姿(所作)には、形では狐でありながらも、まぎれもなく女性の情念が漂っていて、思わず唸らされました。

 私は、人形が人間を演じてみせることにより、人間の情念というものがはっきりと見えてくる点に惹かれて人形浄瑠璃を観ているようなものですが、人形と人間のみならず、人間と獣の関係を加えることによって、より一層はっきりと人の情を浮かび上がらせて見せた様には感じ入った次第(そしてそれは、現実と虚構と組み合わせることにより、より一層現実というものの姿を浮かび上がらせてみせる、伝奇ものの手法に通ずるものがあると思うのですが…さすがにこれは牽強付会すぎるかな)。
 この場面だけでも、観に来た甲斐があったというものです。

 人間国宝の吉田玉男氏が休演だったのは残念でしたが、満足できる公演でありました。


 ちなみに同じ敷地内の伝統芸能情報館で、「大幽霊展」という小さな展示が行われていて、四谷怪談の戸板返しや瀧夜叉姫の蝦蟇が展示されていたの、怖かったんですよ…何がって展示場の隅にさりげなく於岩稲荷の御札が貼られているのが。

|

« 再び吹けよ剛神風! 「大江戸超神秘帖剛神」 | トップページ | 10月の伝奇時代劇関連アイテム発売スケジュール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/6102815

この記事へのトラックバック一覧です: 狐の姿に漂う情念 文楽「芦屋道満大内鑑」:

« 再び吹けよ剛神風! 「大江戸超神秘帖剛神」 | トップページ | 10月の伝奇時代劇関連アイテム発売スケジュール »