« バディものとしての馬の骨 「秘太刀馬の骨」第5話 | トップページ | そして青春は終わる 「かくれさと苦界行」 »

2005.10.04

もう一つの甲賀忍法帖として 「甲賀忍法帖・改」第2巻


 発売日に並んでいないなあ…と思っていたら発売日が変更になっていたらしい「甲賀忍法帖・改」の第2巻が発売になっていました。初めて読んだ時は、(もともと浅田寅ヲ氏の作風が得意でないこともあって)あまりポジティブでない印象でしたが、こうして第2巻を読んでみると、慣れたのかはたまた元々私の目が濁っていたのか(たぶん後者)、実に面白い作品に感じられました。

 キャラクターデザインや背景の独自性に比して、ストーリー展開的には忠実すぎるといってよいほど忠実に原作をトレースしているこの作品、この巻では、お胡夷が捕らわれるシーンから、弦之介の眼が封じられるまでが収録されています。

 最初はやはりどうしても違和感を感じてしまったキャラクターたちのコスチュームですが――見慣れてくると素直に格好良いですし、絵的にも印象的な場面が様々に散りばめられていたことにようやく気づいた私。
 特に好きなのは、弦之介の果たし状(この文章、原作の頃から大好きでした。「忍法死争の旅(たる)もまた快ならずや」というところなど特に)の文面をバックに、弦之介ら五人が荒野を旅していくシーン。荒涼とした昏い大地を、旅人とも、巡礼者とも取れるような姿の五人が行くシーンは、何ともいえず心に残りました。

 そしてまた、弦之介と朧が、花園の異形の薔薇に自分たちの姿を見るシーン、弦之介と豹馬の、見えぬ目に映る光を評しての会話など、原作にない(よな?)オリジナルの会話でありながら、違和感を感じさせぬ、巧みな台詞回しと情景描写も散見され、素直に感心いたしました。

 原作や他のメディアの作品と並び、もう一つの「甲賀忍法帖」として、この作品もまた、立派に成立していると言えると思った次第です。


 と、その一方でやっぱり油断できないこの作品。
 おそらくは風太郎忍者のビジュアライズにおいてトップクラスのインパクトを誇るであろう地虫十兵衛亡き今、そういう方向性はもう期待できないかと思いましたが、思いもよらぬ伏兵が登場です。陽炎という名の伏兵が。
 ビジュアル的にはボディスーツとマスクで身を覆い、その美貌が全く見えぬというデザインの彼女ですが、もうそんなのは小さい小さい。思いあまって弦之介を押し倒し、素晴らしい筋肉で「ビキッ ビキッ」という擬音と共に彼を押さえつけ、思いの丈を込めた毒の吐息を…あれ、吐息じゃなくて何か妙なものが弦之介の口に? 
 そして数ページ後に明かされるその正体。…俺、何か読み間違えた? と我が眼を疑いました。

 こりゃあ天膳との対決が楽しみですよ? この作品の陽炎さんには、もう一人の陽炎さんとして我が道を突き進んでいただきたいと思います。


「甲賀忍法帖・改」第2巻(浅田寅ヲ&山田風太郎 角川コミックス・エース) Amazon bk1

|

« バディものとしての馬の骨 「秘太刀馬の骨」第5話 | トップページ | そして青春は終わる 「かくれさと苦界行」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/6241954

この記事へのトラックバック一覧です: もう一つの甲賀忍法帖として 「甲賀忍法帖・改」第2巻:

» 限界突破 [Death and The Maiden]
甲賀忍法帖・改 (2) 浅田 寅ヲ, 山田 風太郎 2巻に入ってカバーイラストの美麗さが冴えに冴えまくっているヴィジュアル系『甲賀忍法帖・改』書店で一瞬これの新刊かと間違えたくらいだ。 機動戦士ガンダムエコール・デュ・シエル―天空の学校 (1) 美樹本 晴彦, 矢立 肇, 富野 由悠季 金字塔『バジリスク』の前に苦戦必至と思われたですが、相変わらずコマの中で何が起こっているのか判りにくいのさえ我慢すれば俄然おもしろくなってきました。 各所で悪評の元になっている原作をぶち壊... [続きを読む]

受信: 2005.10.04 21:26

« バディものとしての馬の骨 「秘太刀馬の骨」第5話 | トップページ | そして青春は終わる 「かくれさと苦界行」 »