« 「武死道」第1巻 武士道とは土方に見つけたり | トップページ | 「替天行道 北方水滸伝読本」 替天の旌旗 青史に永遠なり »

2005.10.26

「任侠伝 渡世人一代記」発表 元気、止まるところを知らず

『任侠伝 渡世人一代記』今冬発売決定!
 ということで、時代劇ゲームの鬼、元気の新作は、渡世人の世界を舞台にしたアクションゲームとのことです。
 また元気の不思議時代劇ゲームが…まったくもって元気は止まるところを知りません。こんなblogを運営している私が言うのもなんですが、客はいるのか元気。本当に大丈夫なのか元気。大好きだ元気!

 最初タイトルを聞いたときは、これみたいに現代を舞台にしたヤクザものかと思ったのですが、考えてみれば元気なんだから時代劇に決まっていますね。
 現在は公式のプレビューサイトでOP動画が公開されている位であまり情報はありませんが、内容的には時代劇ゲームのライバル(?)、スパイクの侍道2みたいなノリなのでしょうか。
 …個人的には、パッと見て「くにおくんの時代劇だよ全員集合!!」を思い出してしまったのはナイショ。

 なお、主人公の声は子安武人氏ということですが、普通に格好良い時の子安声なんだろうなあ…勿体ない。出入りの時に思わず恋人の名前を呼んでしまった弟分に「兄弟よぉ! いま女の名前を呼ばなかったかい?(以下略)」とか言ってくれたらいいのに<言わない言わない。
 というか、元気作品なのに普通に「豪華声優陣」を売りにしている辺り、かえって不安になります(失礼な)。

 中古屋で驚異的な買い取り・販売価格の下降を見せた「必殺裏稼業」の後だけに、ここは一つ、気合いを入れていいものを作って欲しいものです(あ、その前に戦神があった)。

|

« 「武死道」第1巻 武士道とは土方に見つけたり | トップページ | 「替天行道 北方水滸伝読本」 替天の旌旗 青史に永遠なり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/6586796

この記事へのトラックバック一覧です: 「任侠伝 渡世人一代記」発表 元気、止まるところを知らず:

» 任侠伝 渡世人一代記 レビュー募集中 [おすすめゲームCOM]
子分を増やして大親分に成り上がり! プレイした人は、感想ください。 [続きを読む]

受信: 2005.12.16 05:21

« 「武死道」第1巻 武士道とは土方に見つけたり | トップページ | 「替天行道 北方水滸伝読本」 替天の旌旗 青史に永遠なり »