« 黒い星消ゆ 今週の「SAMURAI DEEPER KYO」 | トップページ | 「幽王伝」第三部第1話 意外な新キャラクター登場 »

2005.10.22

「秘剣瀑流返し 悪松・対決「鎌鼬」」 劇画チックな奥義が唸る大血闘


 示現流の遣い手の荒ぶる巨漢・大安寺一松の死闘を描くバイオレンス・アクション第二弾。前巻のラストで薩摩の剣士団を退けた一松ですが、当然それで薩摩が引き下がるはずもなく(というかシリーズが続く限り引っぱるでしょうな)、新たな剣士を投入。一時は平穏な暮らしに身を置いていた一松に再び戦いの日々が…という展開です。

 今回一松の前に現れるのは、触れずして相手を斬るという秘剣「鎌鼬」の遣い手にして、示現流祖東郷家の出身・東郷重綱。剣の達人でありながら心根は正しくないこの男、何と一松の名を名乗って行く先々で悪行を重ね、一松を追いつめていくという、何とも卑劣な手段を用いる人物で、強烈なキャラクターを持つ一松の敵としてまず不足はない人物です。さらに援軍として、助命と引き替えに一松の命を狙う、国元で死罪を待つ凶悪犯ばかりを集めた選抜隊まで登場。
 そんな強敵を迎え撃つ一松の方も、最初に会得した秘剣雪割りのアッパーバージョン・瀑流返しを会得して挑みます。猛烈な振り下ろしが真空状態を造り出し、相手の隙を作り出してそのまま叩き潰すという雪割りも凄まじいですが、瀑流返しはそれに輪をかけて豪快な劇画チックな秘剣となっています。

 この劇画チックというのは、この作品のある種キーワードで、重綱の「鎌鼬」や、選抜隊の登場シーン、そしてクライマックスの決闘シーンでの一松の「鎌鼬」破りなど、良くも悪くも荒唐無稽でインパクトあるシーンがしばしば登場します。
 しかしながら、主人公の一松自身が規格外れのインパクトを持つキャラクターであるためか、そういったシーンの数々が違和感なく受け止められ、むしろこの作品にとっては魅力になっているのが面白いところであります。

 そして薩摩との死闘の一方で、なんと水戸光圀に佐々木介三郎に安積覚兵衛(言うまでもなく助さん格さんのモデルの二人。もちろん印籠などは出したりしませんが)が登場。一松と直接的間接的に関わることとなりますが、さてこの出会いがこれからの一松の戦いに何をもたらすか、楽しみになってきました。

 ちなみに前巻の感想でどうにも感情移入できないと書いた一松のキャラクターですが、この巻では冒頭から最後までひたすら血闘の連続であったためか、さほど気になることなく読むことができました。こちらの方もこれからどのように描かれるのか、気になるところです。


「秘剣瀑流返し 悪松・対決「鎌鼬」」(佐伯泰英 祥伝社文庫) Amazon bk1


関連記事
 孤独な豪剣の血闘行 「秘剣雪割り 悪松・棄郷編」

|

« 黒い星消ゆ 今週の「SAMURAI DEEPER KYO」 | トップページ | 「幽王伝」第三部第1話 意外な新キャラクター登場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/6508505

この記事へのトラックバック一覧です: 「秘剣瀑流返し 悪松・対決「鎌鼬」」 劇画チックな奥義が唸る大血闘:

« 黒い星消ゆ 今週の「SAMURAI DEEPER KYO」 | トップページ | 「幽王伝」第三部第1話 意外な新キャラクター登場 »