« 「骨董屋征次郎手控」 骨董という魔性 | トップページ | 「太閤と曾呂利 立川文庫傑作選」 お互いがいるからこその物語 »

2005.11.13

12月の伝奇時代劇関連アイテム発売スケジュール

 12月の伝奇時代劇関連アイテム発売スケジュールを更新しました。右のサイドバーからも見ることができます。いやあ、もう今年も終わりなんですなあ…

 正直言って、今わかっているところでは書籍の方はそれほどでも…という印象。一番気になるのは、26日発売の石川賢最新作の「武蔵伝」第1巻と、22日に発売の、秋に上映された映画のコミカライズ「仮面ライダーヒビキと7人の戦鬼」でしょうか。
 個人的には、12日に村上元三の「松平長七郎江戸日記」「松平長七郎浪花日記」が学陽書房の人物文庫から出るのに大受けしました。非常にお堅い印象を受けるレーベル名ですが、同じ村上先生の「真田十勇士」や早乙女貢の「風魔忍法帖」など、意表をついたラインナップが目につく人物文庫。松平長七郎シリーズの続編も文庫化に期待します。

 そしてDVDは…異様に目につくのが7日一挙発売の「くノ一忍法帖」シリーズ。いやはや、これだけの数がリリースされていたのですね。サブタイトルを見ると、どれがどの作品か何となくわかってくるのもなかなか愉快。
 ちなみに「柳生外伝」は、「Y十M」と同じく「柳生忍法帖」を原作とした作品ですが…映像は別物、むしろ別物の方が面白いと普段は思っている私でも(原作の大大ファンなだけに)、何と言いますか、非常にもの申したくなった作品であります(でもこのシリーズの中では評価高い方なのよね)。

 ゲームは、1日に「義経紀」が発売となりますが…さて、正直かなり不発感のあった(ゲームに限らずね)義経ものですが、大河ドラマもほとんど終わりのこの時期のリリースはいかがなりますでしょうか。忍之閻魔帳さんには小畑健のキャラクターが全てと書かれていますが…

 と、いうように、今年も最後の最後まで伝奇時代劇アイテムを買いまくるわけですよ。

|

« 「骨董屋征次郎手控」 骨董という魔性 | トップページ | 「太閤と曾呂利 立川文庫傑作選」 お互いがいるからこその物語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/7073233

この記事へのトラックバック一覧です: 12月の伝奇時代劇関連アイテム発売スケジュール:

« 「骨董屋征次郎手控」 骨董という魔性 | トップページ | 「太閤と曾呂利 立川文庫傑作選」 お互いがいるからこその物語 »