« 今日は小ネタ集で | トップページ | 「シュヴァリエ」第1巻 たまには洋風伝奇活劇を »

2005.11.04

今週の「SAMURAI DEEPER KYO」 十勇士(-1)集結!

 真の紅眼の力で圧倒する鎭明。さらにサスケは紅眼の力がオーバーロードして戦闘不能となってしまう。代わって立つ幸村も劣勢となるが、幸村の言葉に奮起したサスケが再び立ち上がる。そしてついに集結した十勇士(-1)の魂を結集した奥義が、これまで死んでいったできそこないたちの魂が、そして紫微垣がサスケに力を貸し、ついに鎭明の重力壁を打ち砕くのだった。

 真田チームファンにはたまらなかったんじゃないかと思われる今回。サスケが、幸村が、才蔵が(こいつはダメ方向で)、そしてあの人が、みんなしていいところ総取り。

 何よりも盛り上がったのは、やはり、

アイツらが来ればアレが使えるのに!という才蔵のわかり易い前フリ
⇒サスケと幸村の絆とピンチ――サスケ、猿飛佐助を正式襲名
⇒遂に駆けつけた二人の勇士、筧十蔵(メガネ君)と海野六郎(ビジュアル系)
⇒十人の魂を合わせた最強奥義!?
⇒九度山で幸村の影武者やってるもっちゃん(望月六郎)がいない! という才蔵のボケ炸裂
⇒最後の一人として力を貸したのは…先代猿飛佐助・シンダラの魂!
⇒そして更にサスケに力を貸すできそこないたちの魂。先頭には小太郎が
⇒鎭明の重力壁を破って一撃!

 という一連のシチュエーション。実に正しい少年漫画の合体攻撃シーンだったと思います。特にシンダラと小太郎の魂が登場するシーンは反則級でした。

 も一つ、ぶっちゃけ連載終了までに十勇士が全員勢揃いする可能性は低いと思っていたのですが、ごめんなさい。謝ります。

 流石に鎭明がこのくらいで死ぬとは思えないのですが(次回一ページ目でピンピンした姿見せそうだ)、これだけいいシーンもらったんだから真田チームも以て瞑すべし。まあ、ダメージを受けた鎭明が朔夜だけ攫って撤退、勝負は水入りというのが妥当なところかと思いますが…幸村がいるからなあ。
 いや、本当に一番油断できないのは幸村だと思います。今回もさりげに新技出してきたし。万が一十勇士に死人が出たら、どさくさに紛れて紅眼になりかねん怖さがこの人にはあります<ないない

|

« 今日は小ネタ集で | トップページ | 「シュヴァリエ」第1巻 たまには洋風伝奇活劇を »

コメント

突然のコメント失礼します。
この度新規ブログランキングサイトを立ち上げました。
ブログを拝見させて頂き、記事も面白く
綺麗に作られていて、凄くいいブログと思い
こちらにご参加頂ければと思いコメントしました。
まだ登録がない為、上位確実で今が狙い目ですので
宜しくお願い致します。

http://r-bl.com/?ycon


R-Blog ランキングーブログ

r-bl管理人

投稿: r-bl管理人 | 2005.11.04 12:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/6884841

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の「SAMURAI DEEPER KYO」 十勇士(-1)集結!:

» 「SAMURAI DEEPER KYO」レビュー [漫画・コミックレビューTBセンター]
「SAMURAI DEEPER KYO(サムライ ディーパー キョウ)」(著:上 [続きを読む]

受信: 2005.11.05 05:44

« 今日は小ネタ集で | トップページ | 「シュヴァリエ」第1巻 たまには洋風伝奇活劇を »