« 「海賊奉行」 武芸者、南支那海に翔る | トップページ | 今週の「SAMURAI DEEPER KYO」 そして最後に立つ者 »

2005.12.15

今日はゲームとアニメで小ネタ二つ

PS2版「サムライスピリッツ 天下一剣客伝」追加キャラ判明

 小ネタその一。
 家庭用追加スピリッツの【魔】【獣】【祭】は以前から公表されていましたが、家庭用追加キャラが発表されていたのはこれが初めて…かな?
 家庭用追加キャラは、追加キャラ7人+EXキャラ(通常の同キャラとは性能が異なるキャラ)4人の計11人。うーん、EXキャラ込みで11人か…ちょっと残念。
 そしてその内容は、

追加キャラ:
羅刹ガルフォード/キム・ウンチェ/パピー/シクルゥ&ママハハ/チャンプル/パクパク/黒子

EXキャラ:
EX徳川慶寅/EX劉雲飛/EX妖怪腐れ外道/EX真鏡名ミナ

 羅刹ガルフォードはパピー抜きのガル、キム・ウンチェは髪のある花諷院骸羅ですな。黒子は、おお懐かしい、スクリーンショットを見た限りでは「真サムライスピリッツ」の頃の鬼キャラのようで…って、あの時はジェノサイドカッターは使ってなかったか。重ね当ても?
 動物勢はパピー以外は単独初参戦なので、何がどうなるか想像もつきません。特にチャンプル。超必で怪物化するんでしょうか、やっぱり。


深夜アニメで古典怪談「怪~ayakashi~」

 その二。フジテレビ等で、1月から深夜枠で「四谷怪談」「天守物語」「化猫」の全三作をアニメ化するとのこと。
 全何話かは不明ですが、一作四話×3というパターンかな?(「天守物語」がそんなに長くかかるか、という気はしますが)

 「四谷怪談」は天野喜孝氏がキャラクター原案というクレジットですが、気になるのは脚本の小中千昭氏。ここしばらく、作家性を出し過ぎて評価は今ひとつな氏ですが、お得意のホラーということで張り切りすぎなければよいのですが…とはなはだ失礼な心配を。
 「天守物語」については、制作元の東映アニメーションのプレスリリースに「「東京ラブストーリー」の演出として有名な永山耕三氏」が演出、という売り文句があるのが逆に不安を煽ります。監督とアニメ監督が分かれてるって大丈夫なのかしらん。
 結局一番安心して見れそうなのは横手美智子氏(って言っていいのだろうか、この方々の場合)が脚本の「化猫」かもしれません。確たる原作がない分だけ、自由に演出できそうでもありますしね。

 このシリーズ、関東では1月12日(木)より毎週24:35(初回は24:50)からの放送とのことです。とりあえずビデオ撮りますか。

 …にしても「ハチミツとクローバー」「パラダイスキス」と来て怪談ものってどういうコンボなんでしょう。

|

« 「海賊奉行」 武芸者、南支那海に翔る | トップページ | 今週の「SAMURAI DEEPER KYO」 そして最後に立つ者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/7625089

この記事へのトラックバック一覧です: 今日はゲームとアニメで小ネタ二つ:

» レビュー情報募集中 [おすすめゲームCOM]
プレイステーション,ニンテンドーDS,Xbox360などのテレビゲーム新着情報と一緒に、最新レビュー(感想・評価)を「くちこみ」でお届けします。 [続きを読む]

受信: 2005.12.16 05:26

« 「海賊奉行」 武芸者、南支那海に翔る | トップページ | 今週の「SAMURAI DEEPER KYO」 そして最後に立つ者 »