« 「世話焼き家老星合笑兵衛 竜虎の剣」 武士として、人として | トップページ | 「公家侍秘録」第5巻 時を越えて守り継がれるもの »

2005.12.09

今週の「SAMURAI DEEPER KYO」 無我最強

 四年前の京四郎にあって狂になかったもの。京四郎と狂の勝敗を決めたもの。それは強力な信念だった。ボロボロの体になりながらも信念の極みの無我の境地に至った狂は、真の紅眼を超えた力で京四郎を圧倒。巨大な朱雀を放つ京四郎に対し、狂は四大奥義を同時に発動させて迎え撃つ。朱雀を打ち消した四神すら無力化する京四郎だが、その時、無明神風流の究極奥義・黄金色の神風が京四郎を襲うのだった。

 今週は感想が書きにくいなあ…とりあえず、狂が遂にGENKAITOPPA。今までしていなかったとは、意外といえば意外であります。しかしいきなり真の紅眼のパワーすら上回ってしまうとは、「ドラゴンボール」でスーパーサイヤ人2とか3とか出てきた頃を思い出しましたよ。
 とはいえ、元祖GT男にして、時人戦である種の無我の境地を見せたアキラを、今回解説役にしたのはなかなかうまい配置だと思います。
 …解説役と言えば、危なく死ぬとこだったのに、なに呑気にそこで解説役やってるんですか、四方堂姐さん。

 さて四神が出た時点で出ると思っていたその上をいく究極奥義。やっぱりベタに黄龍という名前なのかな…
 そして京四郎が使っているのは自分の元の体ということを全く斟酌せずに究極奥義をブチ当てる狂はさすがだと思いました。まあアニメでは自分の元の体に東京タワー串刺しにした過去があるからな、狂<それは過去と言わない

|

« 「世話焼き家老星合笑兵衛 竜虎の剣」 武士として、人として | トップページ | 「公家侍秘録」第5巻 時を越えて守り継がれるもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/7534141

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の「SAMURAI DEEPER KYO」 無我最強:

» 「SAMURAI DEEPER KYO」レビュー [漫画・コミックレビューTBセンター]
「SAMURAI DEEPER KYO(サムライ ディーパー キョウ)」(著:上 [続きを読む]

受信: 2005.12.10 07:51

« 「世話焼き家老星合笑兵衛 竜虎の剣」 武士として、人として | トップページ | 「公家侍秘録」第5巻 時を越えて守り継がれるもの »