« 「霧隠才蔵 決定版・真田十勇士」 決定版への第一歩? | トップページ | 今週の「SAMURAI DEEPER KYO」 久々にこの漫画の恐ろしさを味わいましたよ »

2006.01.26

「サムライスピリッツ 天下一剣客伝」 シリーズの魅力を再確認できる良作


 PS2版「サムライスピリッツ 天下一剣客伝」を買ってきました。剣戟格闘ゲームの名門・サムライスピリッツシリーズの最新作(最終作という触れ込みでもありますが)である本作は、過去に2Dで発売されたシリーズ6作のキャラクター総登場、さらには操作法やシステムも過去作の(をベースにした)ものをチョイス可能という、まさにシリーズ集大成とでも言うべきもの。
 私は本作のアーケード版はプレイしていないのですが、シリーズ第1作の頃からのサムライスピリッツファンとしてはやはり黙ってはおれず、早速プレイしてみました。以下、ジジィゲーマー兼時代劇ファンとしての感想です。

 一時間くらいあれこれプレイしてみての感想ですが――サムライスピリッツですよ、これ。サムライスピリッツだ。

 …いや、当たり前だろ、なに間の抜けたことを言ってやがると思われるかもしれませんが、どれだけキャラクター数が増え、システムなどでデコレーションが増えようとも、プレイ感覚は、サムライスピリッツ第1作そしてそれ以降も脈々と受け継がれるもシリーズ独特のものであることに安心したのです。

 このシリーズ、プレイしたことのある方はわかっていただけると思いますが、単に強キャラを選んで、レバガチャしていれば勝てるというわけではありません。他のゲームのように連続技をどんどん叩き込んでいくのではなく(まあ、連続技が重要なファクターになるシリーズ作品もありますが)、如何に相手の隙を見つけて、そこに攻撃を的確に叩き込んでいくか、というのが、このシリーズならではの戦いであり、醍醐味であると、私は思っています。
 もちろんそれは相手にとっても同じ事で、どれだけ押していようとも、一瞬の油断が命取り、あっという間に大逆転したりされたりという、大げさに言えば真剣勝負ならではの感覚がそこにはあり、そしてそんな緊迫感のある「間」を体感することがこのゲームの中ではできるのです。
 言ってみれば、単に舞台や登場キャラが時代劇というだけでなく、プレイしてみて受ける感覚が、実に時代劇(の剣戟シーン)的で、チャンバラファン・時代劇ファンの私には、たまらなくシリーズであったのです。

 で、面白いのは冒頭に書いたとおり、同じキャラでも過去作の様々な操作法・システムを選択することができるのですが(ここがまたシリーズファン感涙なのですが)、そのどれを選んでも上に書いたような根本的なプレイ感覚は変わらないのですね(言うまでもないことですが、あくまでも感覚的なものの話であって、どのシステムを選んでも大して変わりばえしないなどと言っているのではないですよ)。
 同じゲームなのだから当たり前、と言えばそうなのですが、デフォルトで6種類、ほとんど同じゲームとは思えないほど違いのあるシステムもある中で、剣戟格闘ゲーム「サムライスピリッツ」としての味わいは変わらないというのは、非常に興味深いことでありますし、また本シリーズの魅力が奈辺にあるか、再確認できた思いです。

 ダラダラと私個人の思い入れを書いてしまいましたが、ともかくもサムライスピリッツが好きな人であれば、プレイして絶対損はない作品であることは、間違いないと思います。
 ロード時間はそれなりにありますが、まあぎりぎり気にならないレベルですし(ただし、頻繁にキャラを変えることになる対戦モードだとちょっと気になるかな?)、格闘ゲームとしてはかなり堅実に作られている――安心してプレイできる――作品であるかと。
 登場キャラクターも40人+αと、唖然とするほどの人数が用意されているので、一人プレイのみの人でも、かなり長く遊べるのではないかと思います(シリーズファンとしては、アーケードモードのデモ画面でのキャラ同士の会話に、時々「おっ」と思わされる新設定が出てきたりするので全部クリアしないと気が済まんです)。
 もちろんシリーズ初体験の人でも――上に書いたようにチャンバラ好きの人であれば特に――楽しめるはずなので、まあ要するにみんなプレイしてみてよ、というのが正直な気持ちです。


 …と、まとまったところでよせばいいのに余談。
 このソフトを近所のゲーム屋で買ったら、初回特典のフィギュアが付いてきたんです。新キャラのいろはさんの。
 このいろはさん、リンク先を見ていただければわかりますが時代劇でメイドさんという画期的というか世も末というか、普段珍妙なサムライやニンジャに慣れっこな私でもいかがなものかと思わないでもないけどここまでやられたらいっそ爽快、実は正体が○○というのも面白いな(木下順二先生は泣きそうですが)、というキャラですが、とにかくこの作品の顔、というくらいあちこちに顔を出しています。パッケージでもヒロイン扱いですし、CDのレーベルイラストも堂々単独占拠。そしてこのフィギュアも…といったところ。
 で、折角だからこのフィギュアの写真でもアップしようかと思ったのですが止めました。いや、何というかその、露出度が大きすぎて――っていうか、明らかにゲーム中の絵やイラストより布が減ってるんですが。しかも一番まずいところが。
 …と書いて、お前はそんなところをチェックしたのか、と言われそうなことに気づいて恥ずかしくなったのでこの稿おしまい(いや、だって、自然に目に入るんだって…)。


「サムライスピリッツ 天下一剣客伝」(SNKプレイモア プレイステーション2用ソフト) Amazon

|

« 「霧隠才蔵 決定版・真田十勇士」 決定版への第一歩? | トップページ | 今週の「SAMURAI DEEPER KYO」 久々にこの漫画の恐ろしさを味わいましたよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/8342220

この記事へのトラックバック一覧です: 「サムライスピリッツ 天下一剣客伝」 シリーズの魅力を再確認できる良作:

« 「霧隠才蔵 決定版・真田十勇士」 決定版への第一歩? | トップページ | 今週の「SAMURAI DEEPER KYO」 久々にこの漫画の恐ろしさを味わいましたよ »