« 今週の「SAMURAI DEEPER KYO」 炸裂サムライブロー | トップページ | 妖異大年表をwiki化していますよ »

2006.02.12

「手習重兵衛 道中霧」 そして道はクライマックスへ続く


 手習重兵衛シリーズ第五弾は、濡れ衣を晴らし、宿敵との決着もつけた重兵衛が、ついに侍を辞める決心をして江戸を発ち、郷里の諏訪に帰るまでの物語。タイトルにあるように道中を行くシーンがメインの、極端な言い方をすればそれだけのストーリーなのですが、しかしもちろんその中には面白さが詰まっていることは言うまでもありません。

 剣鬼・遠藤恒之助を破り、既に後顧の憂いなし、と思われた重兵衛ですが、恒之助の背後にいた謎の忍び集団は暗躍を続け、幾度となく道中で重兵衛を襲います。そしてまた、一度はどん底に落ちた恒之助も、再起を賭けて重兵衛をつけ狙うことに。
 一方、江戸では重兵衛の藩の重役が謎の死を遂げ、諏訪でも藩の目付頭が忍び集団の襲撃を受けるという変事の連続。背後には諏訪を揺るがす陰謀が隠されているのか、遂に一連の事件の黒幕である天狗面の男が登場、いよいよ物語はクライマックスに向けて突き進んでいきます。

 が、肝心の主人公は道中の最中、それでは江戸と諏訪の物語はどうやって進行するかと言えば、それはもちろんこれまで登場した重兵衛の頼もしい仲間たちがいるわけで、江戸では重兵衛の親友・ぐうたら同心・惣三郎が事件を捜査、遂には同じく親友の左馬助と共に、重兵衛を追って諏訪に旅立つことになります。
 そして諏訪では、かつて重兵衛を兄の仇と狙った天才剣士・松山輔之進が、重兵衛の元許嫁・吉乃の兄である目付頭のボディーガードとして活躍。更に面白いことに、吉乃と何やら微笑ましいムードになってきて…というおまけ付きであります。

 と、もう一人、憎むべき剣鬼であったはずの恒之助もまた、己の誇りを取り戻すために、今一度重兵衛の前に立つために再度腕を磨くというドラマを見せます。更に、単なる体の繋がりだけがあるはずだった女忍との間に不思議なロマンスも生まれ、何だか彼もまた、悪役ではなく、きちんとした一人の人間として、その先行きが気になるキャラクターとなってきたのが面白いところ。

 つまり本作は、これまで描かれてきた物語のキャラクター・要素が、クライマックスに向けてグッと集約されていく様を描いた作品とでも言えばよいでしょうか。大河ドラマのクライマックス寸前の盛り上がりがここにはあります。
 そして本シリーズも残すところあと一巻。…さて、いかが相成りますか。


「手習重兵衛 道中霧」(鈴木英治 中公文庫) Amazon bk1


関連記事
 「手習重兵衛 闇討ち斬」 謎の剣士は熱血先生?
 「手習十兵衛 梵鐘」 趣向を凝らした四つの物語
 「手習重兵衛 暁闇」 夜明け前が一番暗い?
 「手習重兵衛 刃舞」 キャラ立ちの妙が生む楽しさと暖かさ

|

« 今週の「SAMURAI DEEPER KYO」 炸裂サムライブロー | トップページ | 妖異大年表をwiki化していますよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/8614909

この記事へのトラックバック一覧です: 「手習重兵衛 道中霧」 そして道はクライマックスへ続く:

« 今週の「SAMURAI DEEPER KYO」 炸裂サムライブロー | トップページ | 妖異大年表をwiki化していますよ »