« 「菅原幻斎怪異事件控」 水面に映る彼岸の影 | トップページ | 今週の「Y十M」 般若党跳梁 »

2006.02.07

「悪滅の剣」 さらに味わい深まる裏稼業譚


 前作「辻風の剣」に続く裏稼業シリーズ第二弾。辻番所の老爺・留蔵、辻謡曲の浪人・田部伊織、そして記憶喪失ながら抜群の剣の冴えを見せる青年・辻風弥十郎の三人が、法で裁けぬ悪を討つ裏稼業を営むという基本ラインはそのままですが、今回は、彼らのライバルである凄腕の岡っ引き・佐吉の描写と、その佐吉と裏稼業チームとの関係が変化していく様が特に面白く感じられました。

 留蔵とはかつて兄弟分であり、悪を強く憎む心も同じという佐吉。しかし所詮岡っ引きと裏稼業は水と油、しかも佐吉自身、表だっては裁けぬ悪党を密かに懲らすという裏の顔を持つ、いわば留蔵たちとは商売敵の関係であります。隙さえあれば相手を出し抜き、ひっくくってやろうという佐吉は、言ってみれば裏稼業を扱う作品としてみれば定番のキャラクターとも言えるのですが…

 が、そんな両者の関係、特に佐吉の心に変化が見えてくるのが今回の物語。それまでいがみ合っていた両者が、様々な事件に立ち向かい、解決していくうちに徐々にお互いを理解し合い、心が結びついていくという、定番ではありますが熱い展開が繰り広げられます。
 その佐吉の変化は、仇敵に陥れられ、命の危機が迫るところを弥十郎らに救われたことが、その端緒となっていることは間違いありませんが、しかしそれは単に自分を救ってくれたから、などということではなく、自分と弥十郎たちに同じ熱い血が流れていることが感じ取れた、ということなのでしょう。

 そしてまた、佐吉と弥十郎たちの心が結びついていくのを、嬉しいような寂しいようなな心境で見守る留蔵、というキャラ配置も、また何とも味わいがあってよいのですよ。

 必殺もの+人情ものというベースに男泣き度高めの味付けを加えたこの物語、江戸の社会の裏側を描きつつも、どこか安心できる、そして心地よい空気が流れているように感じられます。果たしてこの先、留蔵チームと佐吉との間がどのように変化していくかはまだまだわかりませんが、安心して続巻を楽しむことができそうです。

 ちなみに本作には、牧秀彦ファンならにやりと出来る隠れキャラが登場。よかった、あの人はちゃんと元気に生きていたんだ…とちょっと嬉しくなりましたよ。


「悪滅の剣」(牧秀彦 光文社文庫) Amazon bk1


関連記事
 辻風の剣

|

« 「菅原幻斎怪異事件控」 水面に映る彼岸の影 | トップページ | 今週の「Y十M」 般若党跳梁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/8542399

この記事へのトラックバック一覧です: 「悪滅の剣」 さらに味わい深まる裏稼業譚:

» 「深雪の剣」 過去を超えることと現在を生きること [時代伝奇夢中道 主水血笑録]
 既にシリーズ第四巻「碧燕の剣」が発売されているのに、今頃第お恥ずかしいのですが... [続きを読む]

受信: 2006.07.06 00:18

« 「菅原幻斎怪異事件控」 水面に映る彼岸の影 | トップページ | 今週の「Y十M」 般若党跳梁 »