« 八犬伝特集その十の三 「聖八犬伝 巻之三 対牛楼の仇討」 | トップページ | 「源平討魔伝」 和の魅力を貫いた大名作 »

2006.03.17

今週の「SAMURAI DEEPER KYO」 やっぱり後はフュージョン!?

 一度は鬼神の血に支配されながらも、神の力も鬼神の力も屈しなかったゆやの存在により復活した狂。真の紅の王の力を得た狂は、既に真の紅眼にならないままで、鬼神の時の力のまま、先代をあと一歩まで追いつめる。が、先代は自らの血肉の分身たる鎭明と京四郎を吸収、パワーアップを図るのだった。

 おお、先代がフリーザ様のようだと思ったら、今度は狂がおだやかな心を持ちながら(中略)目覚めた伝説のスーパーMIBU人に進化。まさか狂に限っておだやかな心なんぞ持たないだろうと思いましたが、ヒロインとくっつくと人間丸くなるんですな。でも、まあ、何だかお似合いのカップルだ。

 などと呑気に思っていたら、先代が鎭明と京四郎を吸収。今度はセルかい。前回の感想で「ないない」と言いながらも鎭明が吸収されるんじゃと書いたら当たってしまいました。おまけに京四郎まで一緒に吸い込まれています。元々瀕死だった鎭明はもうアウトでしょうが、京四郎はまだ抵抗できるのか?
 こうなったら後は再び京四郎の魂が狂の体に宿って、フュージョンした最強のKYOになるしか! …でも鳴り物入りの割に時間制限とかあってあんまり強くないんだよな、フュージョン。
 あとは先代の分身の自爆攻撃で紅虎が惨死しないことを祈るばかりです。

 にしても、これまで八割くらい本気で、「本物の先代は幽閉されていて、今のあれはすり替わった京一郎」だと思っていましたが、あの吸収描写を見ていたら、やっぱり先代は本物の先代のように思えてきました。
 まあ、昔吸収した京一郎に体を乗っ取られておかしくなった、という展開も大アリだと思いますが。

 と、そろそろ阿国さんとるるを出しておかないといかんのじゃないでしょうか、と余計な心配を。

|

« 八犬伝特集その十の三 「聖八犬伝 巻之三 対牛楼の仇討」 | トップページ | 「源平討魔伝」 和の魅力を貫いた大名作 »

コメント

本当、阿国さんはどうしちゃったんでしょうね。
るるの行方も気になりますね。

投稿: ゆい | 2006.03.17 15:12

何か凄い秘密を持って帰らないと立場が全くないことに…>阿国さん
一応回想シーンや表紙などに顔を見せているので、忘れられてはないと思うんですが

るるも、普通だったら単なるマスコットキャラで済ませてしまっていいように思いますが、これだけ最近伏線回収しまくっているのを見ると、何もない方が逆に不思議ですよね

投稿: 三田主水 | 2006.03.18 00:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/9125788

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の「SAMURAI DEEPER KYO」 やっぱり後はフュージョン!?:

« 八犬伝特集その十の三 「聖八犬伝 巻之三 対牛楼の仇討」 | トップページ | 「源平討魔伝」 和の魅力を貫いた大名作 »